月別アーカイブ / 2017年09月

彼が活躍することでバッファローズへの刺激は計り知れない。

2017F15-5.jpg

清水誠也。
ずっとバッファローズを支え続けてきた男。
強化指定選手となり、今季いよいよFリーグデビューか!?と思い、臨んだ前哨戦のオーシャンカップ。
たった1度の決定機を外し(もちろんそれだけではないが)、その後、トップチームへの帯同は激減。
毎試合バッファローズに出場。

しかし、腐ることなく努力を続け、コンスタントに結果を出してきた。
常に相手の脅威になっていた。

そして、良いタイミングが生まれた。
代表選手が抜けたことにより、空いた穴。
このチャンスにかけた男は、昨日いよいよFリーグデビュー。

そして、見事1ゴールと結果を残した。
正直、嬉しかった。

春木、丹羽、中田とバッファローズからFリーグデビューを観て、大薗が時にバッファローズの試合に出ると存在感を見せつけた。
きっともどかしかったでしょう。

でも、やり続ければチャンスがあることを証明してくれました。
これは間違いなくバッファローズの選手たちには大きな刺激になり、彼の活躍をベンチマークするはずです。

身近な人が活躍すると、

「次は俺も」

となるはずです。

ただ、間違えてほしくないのは、「スタート」であること。
これを継続しなければ意味がありません。

そんな彼からは昨日色々やりとりあってから、、、

_20170923_235739.JPG

派手にかましてくれるそうです。笑
今日は個人としてもチームとしても結果を求めてほしい。

自分は自分らしく、、、

地味に頑張ります。


冨成

仕事に追われ、切り替えできず、トレーニングに臨むと諸々エラーが起きます。

流れが良くないですね。
もやもやしとります。

こういうときはちょっとリフレッシュが必要かもしれません。

IMG_20170916_064321.jpg

浸かりにでも行こうかな。

スケジュール見返して、7月~9月で仕事もフットサルもない完全オフは3日だけ。
そりゃ、心身共に疲労が溜まるよね。
むしろ3日あるだけでありがたいですけど。

でも、疲れは溜まれど嫌だと思ったことはないです。
それだけ充実してるってことですね。

IMG_20170921_214553.jpg

バッファローズ個サルで地味にボール蹴ってリフレッシュするのもありだな。笑

地味に頑張ります。


冨成

チームのゴールを自分のゴールのように喜べる選手。
普通なことだが、それがアウトプットし続ける選手は少ない。

AC2A1028.jpg
※写真:Futsalstyleより

点差や状況によってその温度感は様々なはず。
しかし、彼はいつも仲間がゴールすれば共に喜ぶ。

AC2A0824.jpg
※写真:Futsalstyleより

そして自分がゴールすれば存在を誇示する。

2017f08_bs-4.jpg

誰のゴールでもその温度感は変わらない。
ベテランであろうと若手だろうとチームのゴールに対して歓喜する。

2017F15-7.jpg

苦しみ続けた選手には労うかのように共感する。
子供のようで大人の対応。

2017F15-10.jpg

そんな三笠ことセミ。

共感力。
そんな力が彼にはあるのかもしれない。

自分も常に選手と同じ感情でいたいと思ってます、、、いや、選手以上の強い感情でいたいですね。

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ