月別アーカイブ / 2017年04月

昨年の夏、フウガドールすみだというクラブとの関係がスタートした。

その日から常に日本トップクラブでの振る舞いについて考えるようになった。

一人の行動、言動がクラブとしての印象になる。
歴史としてはまだ浅いかもしれないが、多くの諸先輩方が築き上げたクラブを更なる高みへ引き上げるのが現在クラブに在籍している身としての使命だと感じています。

そんな中、とある映像を目にする。

DSC_6195.jpg

普通に観てれば誰も気付かないかもしれません。
でも、自分のことだけでなく仲間を思い、チームを思い、クラブを思う行動だったと感じました。

やはり振る舞いとしてベンチマークする選手です。
自分も彼から学ぶことは多くあります。

そして、こういった些細なことを拾っていける指導者でいたいですね。

まだまだ未熟です。

地味に頑張ります。


冨成

昨日は、都リーグ第2節。

SuperSports XEBIO
東京都フットサル1部リーグ
4/22(土)八王子市富士森体育館
19:00 vs SANPACHIO FUTSAL CLUB

IMG_20170422_234357.jpg

5-1勝利。

トレーニングから結果を出してきた選手が公式戦でも同様にハイパフォーマンスでした。

試合に出た選手を始め、出場時間が少なかった選手、メンバー外だった選手、そんな選手を支えたスタッフ、チームに関わる全ての人たちの振る舞い、行動を誇りに思います。

試合としては、秩序を持った中で、チーム(セット)が同じベクトルでゲームをマネジメントできたことが勝因だと感じています。

実は様々な葛藤がゲーム中起きていました。
数ある葛藤の中の一つとしては、結果と挑戦のバランスがあります。

本来、都リーグは公式戦です。
結果を追い求めるのは当然です。

ただ、その中でも先を見据えた中での挑戦が必要です。
ニュアンスとしては育成ではなく挑戦です。
公式戦で挑戦(チャレンジ)なんかせず、しっかり自信あるものを実践しろと考える方もいるでしょう。

しかし、ご存知のとおり、練習や練習試合の環境と公式戦は大きくことなります。
練習、練習試合で100%できることは公式戦では50%しか出ないと思ってます。

その試合で挑戦する経験こそ大切だと思ってます。

挑戦させること、結果を追い求めること、そのバランスに悩まされた時間帯がありました。

改めて監督という役割の難しさを痛感しました。
でも、やはり去年のように選手兼監督とは見える範囲と深さが違います。

そこに気付き始めたのは良い傾向と捉えてます。

さて、本日は関西リーグジャグランカさんとTMです。

選手と共に成長していきます。

地味に頑張ります。


冨成

今年は彼らと何試合一緒に戦うのだろう。

とにかく1つでも多く勝ちたい。

どんな相手でもそこは追究していく。

さらに、観ている人たちの感情を揺さぶるようなフットサルをしたい。

ぶちかまします!!

SuperSports XEBIO
東京都フットサル1部リーグ2017
第2節
4/22(土)八王子市富士森体育館
19:00 フウガドールすみだバッファローズ vs SANPACHIO FUTSAL CLUB

応援よろしくお願いします。

DSC_6190.jpg

昨日、昼休みに映像チェックちゃんとしたからイメージは完璧(笑)

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ