チームには良いときも悪いときもある。

シーズン通してずっと良いときなんてないと思ってます。

過去を振り返るとむしろうまくいかないときの方が長いように感じます。

チームが浮き沈みがあるということは、それを構成している選手、スタッフにも浮き沈みがあるのは当然のことかもしれません。

2019F14_bs-056.jpg

そして、大切なことはシーズン終盤に向けてその浮き沈みの波をいかに少なくするか。
過去2年間はそのマネジメントがうまくいったことが大事な試合勝ちきることができたと思ってます。

終盤に向かえば向かうほど重要試合が続きます。
そこでチームとして悪い波で迎えないように細心の注意を払っています。

ここからはチームとして上がっていくことが理想です。
そのために色々準備を進めています。

今季も最後は笑えるように。


地味に頑張ります。


冨成