ジュニアユース。

毎試合のように多くの保護者が試合に来ていただける。

挨拶は感謝の気持ちの現れ。

応援に来てもらえることが当たり前ではない。

でも、応援に行きたいと思ってもらえる活動、取り組みをしていきたい。


DSC_2100.JPG

そして、保護者であれクラブのファンになってもらいたい。
そんな魅力的なクラブ、選手育成をしたいと思っています。

まだまだ中学生。
彼らが大人になっているときに、この応援の数がどうなっているか。
ファンの数がどうなっているか。

フットサル界の流れと逆流して成長していくには大きな覚悟と挑戦が必要。

一歩ずつ着実に進んでいこうと思います。


地味に頑張ります。


冨成