最近はあらゆる現場を観に行く。

U-12、U-15、U-18、選手権、関東リーグ、Fリーグ。

様々なカテゴリーを見ることでそれぞれのカテゴリーで必要なことを見出だしていくことが必要だと考えています。

DSC_2094.JPG

昨日はU-18カテゴリーを少し見させてもらいました。

課題はあるものの、そこに立ち向かう指導者たち、運営スタッフ、見守る保護者の皆様、そして必死にプレーする選手たち。

みんなフットサルが好きだからこそできる空間。
もっとこの空間を広げていきたいと強く感じました。

自分ができることはフットサルの価値を高めること。
フットサルの素晴らしさを伝えること。

ラグビーが盛り上がってる。
Bリーグが盛り上がってる。
それぐらいのポテンシャルがフットサルにだってある。

5年かかろうが、10年かかろうがやっていきますよ。

しぶとさだけは強みですから。笑
踏まれても叩かれても簡単には潰れません。

育成年代の広がりのため、今後もできることを全力で努めていきます。


地味に頑張ります。


冨成