昨日のトレーニングマッチの相手は、インドネシア代表。

外国のチームと試合する経験など持ち合わせていない我々にとって初めてのことだらけ。

DSC_2090.JPG

コート内では案外相手の言葉を聞いていることに気づかされます。

言葉がわからないと予測が立ちづらかったり、感情が見えなかったりと。

戸惑いまではいかないまでも、不慣れな感覚はあったことでしょう。

これも良い経験です。

DSC_2089.JPG

原理原則に基づいてアタックしてくる姿勢は自分たちが忘れかけている一番大切なことを教えてもらえた試合でした。

一人一人の技術は高く、ここに戦術理解が整ってきたらとても驚異になる国だと感じました。

バッファローズも互角以上に戦えていたと思いますが、数年経つと太刀打ちできなくなっている可能性もあるかもしれません。

しかも、選手とほぼ同世代。
負けてられません。

DSC_2092.JPG

TM後は、高橋監督と色々と情報交換させてもらいました。
本当に尊敬する指導者です。

普通にインドネシア語を話していて衝撃でした。
当たり前ですが、プロフェッショナルですよね。

二歩も三歩も先を行っているように感じました。

追い付くことは容易ではない。
むしろ追い付くことはできないでしょう。
でも、必死に食らいついていくことはできる。

またいつか対戦できる日まで食らいついていきますよ。


地味に頑張ります。


冨成