トレーニングで見えているものと試合がリンクするかというと必ずしもそうならない。

対戦相手と同じシステムでもなければ個性も異なる。

それをいくら寄せてもリアルなトレーニングにはならない。

だから相手ありきのトレーニングは最低限のことしかやらない。

結果、試合にならないと見えない部分もある。

大切なのは自分たちのストロングを磨くこと。
でも、前節の振り返りよりも次節のスカウティングに時間をかけている矛盾。。。

そのあたりの整合性に欠けるマネジメントは自身の課題。

そんなことを色々と悩みながら錦糸公園で一人たたずんでいたトレーニング前。

DSC_1982.JPG

日々のトレーニングで毎回反省をもらえる環境に感謝しないといけない。

いつになったら監督として居心地が良くなるのか。
居心地が良いと感じたことはない。
緊張と責任。
純粋にフットサルを楽しみたい気持ちもある。

でも、

居心地が良い環境に成長はないと思う。
今、適したこのバランスが自身の成長に繋がるのだろう。
ありがたや。

今週末も全員で。
1つでも多くの成功を、1つでも多くの勝利を、そして、少しでも一人一人が成長できるように。


地味に頑張ります。


冨成