チームマネジメントの難しさを感じています。

全選手に効果のある言葉はないし、かと言って誰かを優遇する言葉もよくない。

どこかに痛みが生じるのは必然。

その痛みがどこになるかを考えるとき大切にしていることがある。

DSC_1564.JPG

それは、チームに勝る個人はないということ。

チームコンセプトを変えてまで、個人が優遇されることはありません。

チームコンセプトに則って言葉を選び伝えるようにしている。

DSC_1565.JPG

だからこそコンセプトから外れることに関してはシビアに見ています。

チームをベースに言葉を発することでの痛み。
それを乗り越えていかなければ屈強なチームはできない。

自分を信じて前進していきます。


地味に頑張ります。


冨成