昨日、選手たちと話した。

フットサルへの思いを強制することはできない。
ただ、自分がどのような思いでチームに向き合っているかを伝えた。

その思いの根幹は選手が覚悟を持って取り組んでいること。
だからこそ、そこには責任が生まれ、自分自身も覚悟を持って臨むようになる。


DSC_1554.JPG

我々はプロではない。
だから人生までかける必要もない。
若い選手たち。
フットサル以外にも様々な可能性がある。

でも、フットサルへ強い思いがあれば人生も変わる。
人生が変わった選手を多く見てきた。

その可能性があるチームなんだと再認識してほしかった。

やるからには勝ちたい。
選手と共に成長していきたい。
みんなと必ず掴み取りたい。

やれると信じてます。


地味に頑張ります。


冨成