チームとして始動してちょうど一年になろうとしている。

半分の選手が入れ代わった中で、目標としていた関東参入、選手権全国大会出場の2つを手にしたことはホントに誇らしく思います。

ただ、自分たちの力だけで勝ち取ったものではないことを再度認識しなくてはならない。

運営をサポートしてくれたマネージャー。
体をケアしてくれたメディカルスタッフ。
怪我への予防、コンディション調整に努めてくれたトレーナー。
スケジュールなどの調整に協力してくれたクラブ運営スタッフ。
どんなときも声をかけ続けてくれたサポーター。
そして、ここまでフットサルに没頭できるように支え続けてくれた家族。

多くの助けがあり、大舞台で戦えるわけです。

そんな関わった全ての人たちへ恩返しする意味でもバッファローズらしく戦いたいと思います。

2018Bss_02-004.jpg

感謝を忘れず。

地味に頑張ります。

冨成