ありがたいことに全日本選手権に勝ち残っていることで3月までシーズンを戦えることになる。

またこの日本最高峰の大会に臨めることに喜びを感じています。

そして、ここまで残った32チームのうち最後笑顔で終われるチームは1チームしかいないことになります。

仮に関東参入戦がシーズンラストの試合であれば、自分たちは笑顔で締め括ることができた。

2018Bss_02-214.jpg

選手権を笑顔で終わるのはとてつもなく高い壁。

でも、チャンスがある限りそこに挑み続けたいと思う。

2018Bss_02-243.jpg

笑顔で終わる可能性が1%でもあるならばそこを目指していきたい。

昨年は大敗により、笑顔で終わることはできなかった。

2018zennihon_bs02-2.jpg

少なくとも、最高峰の大会に出れることと引き換えに31チームは涙を飲むことになる。

幸か不幸か。

自分たちは最後最高の結果を掴めることを信じて取り組んでいきたいと思う。

地味に頑張ります。


冨成