昨日は試合翌日で且つ選手たちは深夜に錦糸町に戻ってきたこともあったので強度は低くトレーニングを行いました。

敢えて関わることを薄くして選手間でのコミュニケーションを活性化させました。

DSC_0659.JPG

指導者が話すことも大切ですが、プレーをするのは選手です。

いかに選手同士がコミュニケーションを図れるかが大切です。

DSC_0654.JPG

新しく合流してきた選手もいてまだまだコミュニケーションは希薄。

もっと話す時間を増やしていくべきですね。

DSC_0658.JPG

そういう意味では名古屋遠征は凄く意味がありました。
バス内はコミュニケーションに溢れていました。

指導者の関わる距離感でマネジメントできることでもあると思います。

より良いチームとなるように努めていきます。

地味に頑張ります。


冨成