Day-2_20180318

昨日の反省からしっかりとアップする。
会場内にある上り坂で体の声を聴いて出せる出力を確認。
うん、昨日よりしっかり出力が出ている。
今日は良さそう。

今回のコースはアップダウンが連続するコース。
平坦はない。
だから上り坂で身体の声を聴いた。
下りは昨日走ったから何となく走れるはず。

検車後のスタートまでの待ち時間はジーンズをはいて寒さをしのぐ。
昨日より風が強かったのでスタートまでにやはり身体が冷えてしまった。
昨日のことがあるからちょっと心配になる。

スタート直後、今度は前方で落車したようだ。
集団が止まる。
前の自転車と軽く接触。
またも脚が止まってしまった。

昨日のようにはならないぞ!
昨日は4周だったけど今日は3周!
と言い聞かせ、できる限りの力で走った。

やはり昨日より調子が違う。
上り坂でも周りのレーサーから落ちることがない。
ガマンが効いているようだ。
メンタルでもガマンができている感じ。
北海道時代のS監督の背中を追っていたことを思い出す。

最終周回の最終コーナー僕を含めて5~6人?
ゴールまでの緩斜面でスプリント。
チームメイトからも熱い応援をもらうが無念の集団ビリ。
とはいえ、力を出し切れたことは良かった。
久しぶりの感覚。
レース中はきついけど、終わってしまえば充実感でいっぱいになる。

順位は68位/125名。

僕のJBCFは始まったばかりだ。