_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3696.JPG


今回は、その機能について、補足を書いてみます。



*****



寒さに対応する機能の中でも、
①熱を逃がさない②体温を上げることが大切です。


この、①熱を逃がさない機能ですが、「寒い〜」と言いながらカラダを縮める姿勢もそのひとつです。(ちゃんと意味があるのです)


「寒くて凍えてるお芝居をして!」とお願いすれば、多くの方が、カラダを縮める姿勢をするのではないでしょうか?


熱が逃げやすい部位を隠す姿勢なのです。カラダは熱が逃げやすい部位を知ってか知らずか?その部位を隠して、熱を逃がさないようにするのです。


✅肩を上げて、首から
✅腕を前に持ってきて、胸から
✅脇を締めて、脇から
✅手を握り、手の平から
✅カラダを前に倒して、お腹から
✅脚を曲げて、股関節の前や膝裏から
熱を逃がさないようにするのです。


風邪や熱中症のときに冷やすのは?首、脇、股関節の前ですよね?熱と関係する部位だからです。


スポーツウエアの長ズボンって、股関節の前や膝裏がメッシュになっていませんか?熱気や汗が籠らないようにするためです。


寒い日は、首や胸を隠すマフラーやタートルネック、手の平を隠す手袋、お腹を暖める腹巻きを利用します。習慣になっているようなことにも、ちゃんと意味があって、効果があるのです。


暖房が入った部屋に入ったら、マフラーを外す。寒い外にでたら、マフラーを巻く。それと同じことを、カラダは筋肉などを使ってやっていたということです。


 熱を逃がしたいか?逃がしたくないか?で、カラダも私たちも選択しているのです。



*****



でも、ここで思い出して頂きたいのは、縮んだ姿勢を長く続けてしまうと、
☑️肩を上げていたことからの肩凝り
☑️胸を閉じたことからの呼吸の浅さ
☑️脇を締めたことから血行不良で手先の冷え
☑️手を握っていたことからの緊張感
☑️カラダを前に倒していたことからの腰痛
☑️脚を曲げていたことからのむくみや冷え
を感じることってないですか?(短時間では、熱が逃げないという効果を得ることができます!)


冬のプチ不調といわれることは、①熱を逃がさないように、縮んだ姿勢が長く続くことも関与しています。(全てにおいてではなく、ひとつの要因として) 


ストレッチなどで縮んだ部位を解す習慣が必要です。(冬のレッスンの中では、必ず解すストレッチなどを入れています) 


また、熱を逃がさない機能ばかりを発動させ続けないように、②体温を上げるということが大切になってきます。


体温が低い方にとって、熱は貴重だから、熱を逃がさないようにと、カラダは機能を発動させ続けてしまいます。(低体温の方が、プチ不調を持っておられることが多いのはそのため)


熱が逃げる部位を隠すような服装と共に、『寒さに対応できるカラダ作り』としては、②体温を上げることこそが重要になります。


次回は、②体温を上げることについて、詳しく書いてみようと思います。

続けて読んで頂けたら嬉しいです! 



***** 



これが、私が提案している、『寒さに対応できるカラダ作り』の一部であり、季節の循環(春梅雨夏秋冬)に、カラダの循環を合わせていく【カラダ循環】です。


寒いとプチ不調が出るという方が多いので、カラダの機能と、ご自身のカラダに合った方法からの解消を目指せることを知っておいてくださいね。


また、続けて書いていきます。


 機能美カラダメソッド考案者 松本寛子