_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3696.JPG

さすがにここまで寒くなってきたら、『寒さに対応できるカラダ作り』が必要になってきます。


この、寒さに対応できるかどうか?は、特別なことではなくて、カラダの本来の機能なのです。


『カラダ本来の力が目覚める☆機能美カラダメソッド』
 【カラダ本来の力が目覚める☆機能美カラダメソッド】  長くインストラクターという仕事をさせて頂いています。これまで約1万7000回はレッスンをしてきたようで…
ameblo.jp
何か、特別な機能(オプション)を得ようとしたら、とても大きなエネルギーを要します。


でも、カラダの本来の機能(デフォルト)を利用することは、そんなに大変なことではないのです。だってもう、標準装備として、ちゃんとカラダに組み込まれていることなので、むしろ使わないと勿体ないのです!


それなのに何故か?
①その機能が使えなくなっている
②過度に反応している
③別の機能ばかりが発動しているような状態になっている方が多いように思います。


特に、別の機能が発動している方は、寒くない環境に居る時間が長いと考えてもいいと思います。(外から暖め過ぎているかもしれませんね) 


***** 


機能美カラダメソッドの中で、季節に合わせたカラダ作りをお伝えしているのは、特に、ハルカス大学さんでの【カラダ循環】のグループレッスンになります。


カラダの本来の機能である、
✅『寒さに対応できるカラダ作り』を目指します。

レッスンの冒頭から、
✅『血液の移動を感じて頂ける』ようにしています。

レッスンの途中では、
✅『体温の上昇を感じて頂ける』ようにしています。(如何にも体温が高まりそうな運動はしません)


カラダに、レッスンの中で、本来の機能を発動させる機会を与えることを意識しています。


すると、寒い環境の中にいるときも、その機能が勝手に発動してくれるので、寒さに強くなっていきます。(冬のお出掛けが楽になりますよ)


***** 


気温が低くても、『血液の移動を感じる』『体温の上昇を感じる』ことができるので、体感としては「寒くない」のです!


これが、私が提案している、『寒さに対応できるカラダ作り』であり、季節の循環(春梅雨夏秋冬)に、カラダの循環を合わせていく【カラダ循環】の内容でもあります。


寒いと何もできない、寒いとプチ不調が出るという方が多いので、カラダの機能と、ご自身のカラダに合った方法からの解消を目指せることを知っておいてくださいね。


また、続けて書いていきます。



機能美カラダメソッド 松本寛子