GowcRn_IdR.jpg

こんばんは!機能美カラダメソッドの松本寛子です。昨日11月10日(日)にアップしたBlogやSNSと共に、一日を振り返って、一日一習慣を考えてみたいと思います。


(朝の時間に予約投稿したつもりが、予約出来てなくて、、、今、気づきました、、、)



◆LINE@
カラダの機能・働く女性・姿勢習慣をテーマに、健康的な言葉を送らせて頂き、ちょっとした解説や、おすすめの記事などをお伝えしています。ご登録をお願いします。
LINE Add Friend
line.me
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9364.JPG


◆Instagramストーリー
ストーリーには、その日に見た景色をアップ!
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9473.JPG

そして、今日の一日一習慣は、全体を通して、、、

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9474.JPG

だって、乗ってみないとわからないから!笑


最近、流れを感じることが多くなりました。その流れに乗れる自分にも気づけるようになりました。


何言ってるかわからないですよね、、、これ、私の感覚の話ですもんね、、、


何度も試みて上手くいかなかったことが、ちょっとしたキッカケからすんなりスタートし始めたり、どれだけ考えても答えが見つからなかったことが、ちょっとしたキッカケから最善策を思い付けたり!


上手くいかないこと、答えが見つからないことを、誰かに相談したとか、そういうのではなく、、、全く別の方向から解決していく感じなんです。


解決でもないな、、、なんていうか、未来に向かって流れに乗った!という実感が適切かな?


流れを感じるためには、ジッとしていてはダメで、動いてみるしか、流れの中には辿り着かない感じ。


それも、いつもと同じ動きではダメで、いつもと違う動きが必要!


そして、後は流れの中にダイブですね!笑


理想の未来へ辿り着くには、この感覚が必要なのかな?って気づいたばかりなので上手く言語化できていませんが、だからこそ、習慣にして、確かめてみたいと思っています。


*****


さて、ここからは、更新した、BlogやSNSを、紹介していきます。


◆LINEBLOG
一日一習慣を書いています。


◆アメブロ 
プロフィール書き加えました。また、機能美カラダメソッドのことは、こちら!
松本寛子さんのプロフィールページ
機能美カラダメソッド考案者 松本寛子フィットネス指導歴26年。1993年から、某大手フィットネスクラブにてトレーニングジムスタッフとして20代を過ごす。3000人以上のトレーニングメニューを作成し、様々なスタジオレッスンを担当する。30代は、関西を中心にフリーインストラクターとして活動、週に400人以上の方々を指導、年間では900本以上のレッスンから、年間のべ2万人を指導してきた。40代の現在は、【ハルカス大学】【UMEDAI】【フシミ大学】講師、【C CHANNEL】動画監修、【阪神百貨店】【そごう百貨店】【西武百貨店】【近鉄百貨店】イベント出演、【TABICA】街歩き企画、【プ
profile.ameba.jp


◆Instagram
週5〜6回の動画配信しています。
View this post on Instagram

こんばんは!機能美カラダメソッドの松本寛子です! ・ 膝裏が硬い方も、ご自身のペースで、アキレス腱・ふくらはぎ・膝裏を伸ばせるストレッチです。 ・ 前屈が苦手な方が、前屈を行なっても、肝心の膝裏が伸びずに、膝が曲がったままになりやすいから、こうした簡単なものからスタートしてみてくださいね。 ・ ほぼ毎日、アメブロ・LINE@・noteを更新しています。プロフィールのリンクから、ご覧になってくださいね。 ・ 機能美カラダメソッド 松本寛子 ・ #アキレス腱 #ふくらはぎ痩せ #膝裏伸ばし #膝裏ストレッチ #前屈 #脚やせ #美脚 #足先の冷え #末端冷え性 #ダイエット #シェイプアップ #ボディメイク #ストレッチ #ストレッチ動画 #エクササイズ #エクササイズ動画 #パーソナルトレーナー #ウォーキングインストラクター #機能美カラダメソッド #松本寛子

A post shared by 松本寛子 (@hiroko.matsumoto.walking) on



◆Facebook
イベント参加について呟きました。


◆note
イベント参加について呟きました。
23. 本の魅力を再確認するようなイベントに参加してきました!|松本寛子|note
書店の棚を読むというイベントに参加してきました! 企画してくれた方や参加者の皆さんと、大型書店の7階から順に、本棚から、気になった本や、読んだことがある本を手に取っては、情報や感想などをシェアしていきます。 2時間を過ぎても、集中力は途切れずに、棚の前で、本を手に立ち止まってしまう。そこから会話が広がっていく。そんな参加者の皆さんの姿からも、やっぱり本って、凄く魅力的なんだと実感! 私は、子供の頃、図書館と町の本屋さんに入り浸っているような子でした。本のお陰で、知らないことを知り、本当なら体験できないことを体験したような気になったり、感情を揺さぶられては、自分の感情の起伏
note.mu


◆Twitter
イベント参加について呟きました。