月別アーカイブ / 2019年01月

ppCNUp8_FA.jpg

機能美カラダメソッドの松本寛子です。私は、カラダの機能と習慣を大切にしています。


そんな私ですが、火曜日から人生初ダイエット中です!これまでの多少の体重の増減はあったのですが、摂取カロリーと消費カロリーを意識したら自然に痩せるので、ダイエットを掲げたことはなかったんです。


でも、今回は、ベスト体重をかなり上回ったので、ダイエットとして取り組んで、それを記録してみようと思いました。体重が上回っただけでなく、筋量も下がっているので、筋量を上げ、脂肪を減らし、ベスト体重を目指します。


でも、ダイエット法は取り入れません。一生の知識になるような当たり前のことをやっていきます。カラダの機能と習慣で痩せてみせます!


という訳で、LINEBLOGには、ダイエットについて書くことが増えそうです!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6223.JPG

そして、昨日1月30日(水)は、あべのハルカスにいました。写真は、17階からの景色。


実際は、もっと山々がくっきりと鮮やかで、街並みには雲の影が落ちていて、とても綺麗なものでした。

HG7UuLjFth.jpg

少し時間が経つと、夕焼けを見ることが出来ます。先の写真と角度が違います。そして、こちらは、あべのハルカス23階にあるキャンパスフロアからの景色です。


そういえば、ハルカス300展望台へは、お仕事で上がらせていただいたことがあって、あまりのスケール感に、またすぐに登りたくなって、プライベートで息子を連れて登りました!


実は、高いところが好きで、今、年間パスポートを購入するか?迷っています!
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6229.HEIC

話を戻して、この23階のキャンパスフロアにあるハルカス大学さんとのご縁から、2015年から、姿勢と歩き方のセミナー、健康ウォーキング教室、ハルカス大学祭などのイベント、カラダ循環のグループレッスンを担当させて頂いています。ハルカス300展望台に登ったのも、ハルカス大学さんからのお仕事でした。


この日は、2019年からスタートした、【カラダ循環ダイエット】のレッスンがありました。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6231.HEIC

【カラダ循環ダイエット】の名称を付けたとき、まさか、自分自身がダイエットするとは思ってもいなくて、ハルカス大学のスタッフの方から、女性の「ダイエットしたい」「痩せたい」という願いを叶えてあげましょう!という意見が出たのです。


私は、フィットネス業界に長くいるせいで、「ダイエットは食事制限」「痩せるは脂肪を減らす」と脳内変換してしまうのですが、多くの女性は、色んな要望を「ダイエットしたい」「痩せたい」の言葉に込めていることを教えてもらいました。


「綺麗になりたい」より「痩せたい」の方が奥床しい!
「ボディメイク」より「ダイエット」の方が言いやすい!


じゃあもう私の場合は、「間違った習慣をダイエットして、無理せず自然に美しく痩せる好循環なカラダ作り!」を、「ダイエット」と呼んでしまおうと思ったのです。


だから、「私もダイエットします!」と気楽に言えるようになりました。一長一短があるような食事制限でもダイエット法でもない、一生ものの知識から、無理せず自然に美しく痩せようと思っています。


*****

ハルカス大学さんでの【カラダ循環ダイエット】は、第二第四水曜日の19時〜20時で、一年間続きます。
『【カラダ循環ダイエット】ハルカス大学』
 【カラダ循環ダイエット】  あべのハルカス23階にあるハルカス大学さんにて、間違った習慣をダイエットして、無理せず自然に美しく痩せる好循環なカラダ作り!  …
ameblo.jp

レッスン終わりは、20時15分〜21時で、【働く女性のシェア会】を開催しています。何をお話ししてもいいはずなのに、昨夜は、ダイエットの話をしてました!笑

『【働く女性のシェア会】 ハルカス大学』
 あべのハルカス23階にあるハルカス大学さんにて、第二・第四水曜日の19時〜20時で開催している、【カラダ循環ダイエット】のレッスン後、  カラダ循環ダイエッ…
ameblo.jp

ハルカス大学への行き方もこちらに書いています。
『ハルカス大学への行き方【カラダ循環ダイエット&働く女性のシェア会】』
あべのハルカス23階にあるハルカス大学さんにて、2019年は、第二第四水曜日の19時〜21時で、【カラダ循環ダイエット】と【働く女性のシェア会】を、開催させて…
ameblo.jp



カラダ循環ダイエットには、毎月のテーマがあります。2月は、美脚ストレッチから脚やせと、美脚を叶える歩き方をお伝えします。


ハルカス大学ホームページから、ご確認やお問い合わせお申し込みができます。
ハルカス大学
あべのハルカスの真ん中、23・24Fのキャンパスフロアを中心にハルカス大学が誕生しました!
harudai.jp

という訳で、ダイエットの話が多くなると思いますが、あくまでも、カラダの機能と習慣から書いていきます。


もちろん、これまで通り、街歩きや、読書会で学んだことや、私が習慣にしたり、レッスンなどでお伝えしたちょっとしたことも書いていきます。


これからも、覗きに来てくださいね!


機能美カラダメソッド 松本寛子

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5838.JPG
機能美カラダメソッドの松本寛子です。私はカラダの機能と習慣を大切にしています。


LINEBLOGでは、私が、「今やってますよ〜」って、習慣をタイムリーに書くようにしています。ハルカス大学で開催している働く女性のシェア会でお話しするイメージです。

アメブロでは、もう少しカラダの機能を意識して書いています。2019年からは、月のテーマを決めて書いていくことにしました。

1月は、『冷えむくみ予防』がテーマです。

今日は、冷えのタイプについて書きました。

下記は、上から順に読んでいただけると、わかりやすいと思います。


明日1月31日、むくみについてをアップして、1月のテーマである『冷えむくみ予防』を完結させます。


2月のテーマは、『脚やせと美脚習慣』ですので、よろしければ、アメブロも覗いてみてくださいね!


機能美カラダメソッド 松本寛子

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5838.JPG

機能美カラダメソッドの松本寛子です。私は、カラダの機能と習慣を大切にしています。


LINE@は、2017年の11月からスタートしました。最近、迷走してご迷惑をお掛けしましたが、最初に決めたことに戻して再スタートすることにしました。改めまして、よろしくお願い致します。
LINE Add Friend
line.me

LINE@では、毎週月曜日の朝に、
✅カラダの機能
✅働く女性
✅姿勢習慣
について配信していきます。


再スタートした1月28日(月)に、下記を送りました。


①スマホは目線の高さに
これは、姿勢習慣として当たり前になっていただけたらと思います。手がダルい場合は、スマホを持っている手の肘を、反対の手で支えると楽になります。また、肩が凝らないように、肩を下げ首を長くキープできたら完璧です!


②スマホの中を整理整頓
この一週間で、私が取り組もうと思っていることをシェアしてみました。スマホの中のもういらないものをすっきりさせて、集中するべきことに集中できるようにしたいと思います。


③遠い景色を眺める
スマホやパソコン、本を読むなど、近いところを見続けた後は、近いところを見る筋肉を休めるために、遠い景色を眺めるようにします。窓から空を見上げるだけでも、部屋の中の一番遠いところにあるものを見るだけでも、使う筋肉が変わりますし、気分転換にもなるのでおすすめです。


身近なスマホから、3つのことを提案してみました。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6172.JPG

また、LINEの画面の右上にある家のマークをクリックしていただくと、私が日々書いているBlogやSNSのリンクで、皆さんに読んでいただきたいものを選んで貼っています。


家のマークに、赤い印が付いているときは、未読なものがあるというお知らせです。


こちらは、毎日貼っていくので、よろしければ、毎日覗きに来てくださいね。(LINEそのものへの配信のお知らせは出ませんので、、、)
McKtj0gJBc.jpg
配信内容は、読めば分かって、すぐにできて、忘れてたことを思い出せるようなことになります。


①スマホは目線の高さにについては、ただ単純に目線の高さにスマホを上げるだけではなく、カラダの機能を使う方法もあります。(姿勢が良い方は、自然に機能が使われた状態で、スマホを目線の高さに持ち上げられて、肩も腕も楽なはず!)


それらは、実際のレッスンや、働く女性のシェア会でシェアしたり、LINEBLOGやアメブロにアップしようと思っています。(スマホを目線の高さに持ち上げて、肩や腕が辛い方は、一旦、姿勢を正してみてくださいね)


LINE@は、月曜日から、次の月曜日までの一週間で、姿勢習慣などを落とし込むために使っていただけたらと思います。


上記のリンクをクリックするか、下記のQRコードをLINEアプリで読み込んで、是非、ご登録くださいね。




機能美カラダメソッド 松本寛子
5ptCksiXmP.jpg

↑このページのトップへ