_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0402.JPG
こんにちは!機能美カラダメソッドの松本寛子です。5月27日(月)のLINE@は、いつもと違うスタイルで、消化器系のお医者様の講義を受けたときの、私のメモをシェアさせていただきました。


その一部と、そこから考えたことを少し加筆修正したものを、LINEBlogでは、アップさせていただきたいと思います。


がん予防のために知っておきたいこと。
◆胃がんの原因は、ピロリ菌。5歳までに感染。大人になってからの感染はない。自然界にピロリ菌はいない。薬でピロリ菌を除去することが、がん予防になる。
◆大腸がんの原因は、ポリープ。女性のがんで亡くなる原因No.1になっている。ポリープが2㎝以上になっていく過程でがんになる。簡易検査ではわからないので、大腸カメラで検査。小さい間にポリープを切除すること。
◆肝臓がんの原因は、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルス、慢性化しやすく、がんになる可能性がある。血液検査でわかり、薬を服用してウイルス退治をする。


がん検査の本当のこと
◆便潜血液検査は、大腸以外の出血にも反応、あてにならない。安心せず大腸カメラを!
◆がんマーカー(腫瘍マーカー)では、ある程度進んだがんが見つかる。意味がない。
◆がんの原因を取り除くことが、がん予防。


私のメモからのシェアなので、、、あくまでも、上記が、がん予防のキッカケになればと思って書きました。


信頼できるお医者様に相談して、がん予防への意識や情報を、更に高めていただけたらと思います。ご自身にとっての最善策を選んでくださいね。



*****



更に、関節リウマチのお医者様の講義も受けさせていただき、、、最近、お医者様だけでなく、その道のプロという方々の話を聞いていると、共通のメッセージを感じました。


「知的水準や理解力によっては、最善策を提示しても受け入れてくれない」
「プロから情報を得て欲しい。人生が大きく変わってしまうから」


私なりに、バラバラに聞いたお話しの共通点を纏めてみたら、こういう方に当てはまると思いました。


最善策を受け入れてくれない人
・何かを盲信している
・自分の思いつきを信じてしまう
・好き嫌いが激しい
・新しい情報に対して聞く耳がない
・お金を悪だと思っている
など。


そして、プロと名乗っている人に、、、
・何かを盲信している
・思いつきを話すので、言動がコロコロ変わる
・好き嫌いで決める
・勉強することをやめている
(勉強が人任せ)
・お金に対する考え方がおかしい
(安いものをすすめる、値下げする、高いから価値があるという、、、)
などがあれば、、、プロではないかも?


目の前の人にとっての「最善策を出すことができて、事実を話す人こそがプロ」です。

プロを選べられるかどうかは、受け手側の、「最善策を選ぶ」習慣と繋がっていると思うんですよね。


プロも、受け手も、「最善策を選ぶ」といった、シンプルな考え方を持ち続けられたら、、、正しい情報が残り、人生はより良い方向へと進むのではないでしょうか?

↑ ↑ ↑
実は、このLINE@の内容を読んだ方から、、、「最善策をご提案したのに、クライアント様にキレられたことがあって、思い返したら言動が当てはまってた!」「違和感あるなぁと思いつつ、受けることにした養成コースの営業トークが当てはまってました!断ります」といったメッセージが着ました。


それから、こんな動画も送ってもらいましたよ!
一見、悪徳に見えますが、、、目の前の人にとっての「最善策を出すことができて、事実を話す人こそがプロ」です、、、是非、見てみてください!笑



機能美カラダメソッド 松本寛子
LINE Add Friend
line.me
松本寛子の機能美カラダメソッド ~姿勢と歩き方 ヒール選びや習慣から痩せる~
関西(大阪・京都・神戸)や東京で活動するウォーキング・姿勢セミナー講師 松本寛子のWebサイトです。 ヒール同行ショッピングや街歩きも行っています。
hiroko-matsumoto.amebaownd.com



_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0402.JPG
こんばんは!機能美カラダメソッドの松本寛子です。今日は、5月20日(月)のLINE@の内容をシェアさせていただきます。


今日は、休憩を題材に、
✅カラダの機能
✅働く女性
✅姿勢習慣
について書いていきます。


①運動の休憩
筋肉に負荷を掛ける筋力トレーニングでは、超回復といって、前の筋肉より強くなる回復を起こします。そのためには休憩が大切で、1日〜3日おきの筋肉トレーニングが理想です。有酸素運動やストレッチや軽いエクササイズは毎日行っても大丈夫です。


②仕事の休憩
集中する時間が長い方が効率が良い方と、休憩を挟んだ方が効率が良い方がいらっしゃるようです。試して、より仕事が捗るのはどちらか観察してみてくださいね。一般的には、キリが良いところで区切るよりも、45分くらいで区切った方が効率が良いと言われています。


③姿勢の休憩
ずっと座っていたら、立つ歩くなど姿勢を変えます。立つ歩く時間が長くなったら、座ったり寝転んだりしましょう。右足重心で立ったら、左に変えたり、両足に変えたり。また、睡眠中、同じ姿勢で寝転ぶ時間が長いと血行が悪くなるので、寝返りは大切です。姿勢に歪みがない方は、寝返りがスムーズです。


RJsb1dNp44.jpg





*****



また、Twitterに、股関節の歪みチェックの動画を、二回に分けてアップしました。


あいさつ→歪みチェックの方法→歪み①→正しい位置

歪み②→歪み③→あいさつ

よろしければ、動画を見ながら、歪みチェックしてみてくださいね!


BlogやSNSは、これまでと少しカタチを変えていく予定です。動画や音声配信を増やしていきます!


*****


また、こちらのLINE Blogで、以前のような一日一習慣もアップしていく予定です。


では、また明日!おやすみなさい!



機能美カラダメソッド 松本寛子
LINE Add Friend
line.me



_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0402.JPG
こんにちは!機能美カラダメソッドの松本寛子です。5月13日(月)に配信したLINE@の内容を、こちらでシェアさせていただきます。



*****



今日は、おやつを題材に、
✅カラダの機能
✅働く女性
✅姿勢習慣
について書いていきます。


①おやつを食べ過ぎたら、次の食事で調節する
糖質や脂質やカロリーが多いおやつを食べたら、次の食事になっても空腹を感じないことがあります。そんなときは、食事の量、特に糖質や脂質を減らして、カロリー調整をします。


②空腹の時間を意識する
空腹を辛く感じ、次の食事まで時間がある、そんなときにおやつを食べると、頭やカラダにエネルギーが巡り、やる気や集中力が戻ってきます。おやつを上手く利用してくださいね!


③眺めながら食べ始める
カラダが消化の準備をしてくれますし、手軽なスナック菓子なでの量を把握できるので、食べ過ぎを防ぐことができます。


おやつを食べない!という目標より、上記の3つを意識すると、食べながら太らないようにコントロールできるので、おすすめです。

vUl3JVUV1b.jpg


UMEDAIさんのホームページに、動画をアップしていただきました。

①エクササイズ動画を2種類×2パターン
【終了】5/9 姿勢を変えて、プチ不調改善レッスン【一生もののカラダを育てるレッスン】 - UMEDAI
~一般社団法人 未来教育推進機構 主催「UMEDAI」講座~ ウォーキング・姿勢セミナー講師の松本 寛子先生による人気講座です! 姿勢を変えて、プチ不調改善レッスン【一生もののカラダを育てるレッスン】 「肩こりや腰痛がひ …
umedai.jp

動画や音声配信など、企業様にご協力いただきながら、力を入れていきたいと思っています。



*****



日程が追いつくまでは、LINE@のシェアを続けていきます。LINE@を読んだら、すぐに取り組めるような内容を意識して書いています習慣にしていただけたら嬉しいです!



機能美カラダメソッド 松本寛子
LINE Add Friend
line.me

↑このページのトップへ