早速紹介を受け、某事務所のインディーズバンドのサポートをする事になります。

20歳の頃です。

女性ボーカル(Aさん)中心のポップなバンドで、レコーディングやライブ等のお手伝いをして様々なマナーを覚えていきます。

続けていくうちにバンドの皆様と事務所のプロデューサーから気に入られて、正式メンバーにも誘われましたが、

やんわりと返事を先延ばしにしていたら、程なくしてそのバンドは解散しました。

そのしばらく後、Aさんが運命の人を引き合わせてくれます。

つづく