高校生活は授業もろくに出ず、作曲とバンドと麻雀に明け暮れていたので、3年生の中頃にこのままじゃ出席日数が足りず卒業出来ないと言われます。

それは困ると。練った計画上1年でも惜しいと。

何とか担任に頼み込んで、泣きの追試で事なきを得ました。

いざ受験を迎えますが、希望校を担任に告げると鼻で笑われます。

頭にも来ないし、もう勉強する気力もありません。

結果、不合格です。

浪人します。

つづく