6/28 中心静脈へビーフリード5時間(500ml) フェジン✕1 ゼルヤンツ分2✕2 バクトラミン✕1 タケキャブ×1 クロピドグレル×2 レポフロキサシン×2 プレドニン15mg
トイレ1回(血便ゼロ)

退院が決まって、前向きになったんやろか?
昨日は朝起きてトイレ1回行ったきり。

これなら一般人と変わらない、と言うところまで回復出来たのかな。

つくづくメンタルと言うか、気力と言うか、前向きな気持ちと言うかってあるんやなと思います。

自分ではそういう変化は感じて取れないものですけどね。

思えば30代の中頃に、突然のめまいで大阪地下鉄日本橋駅でヘタリ込んだことがありました。

すぐに病院に行き、脳神経外科、耳鼻科と回されたけど異常なし。

結果、神経内科にて「キミはタイプA」という初めて聞く診断をされました。

自律神経失調症とまでは行かないまでも、要は「自分の意のままにならないことがストレッサーとして蓄積し、身体に変調を来す」のだそうです。

心理学用語らしいけども、その先生はそういう説明をしてくれました。
過剰に攻撃的で、せっかちで、競争心が強い人。
歴史上の人物でいうと織田信長やナポレオン、ヒトラーなどの歴史的英雄や独裁者もこの分類だそうです。

いずれも偏頭痛などの神経症に悩んでたようです。

キミはその種類の人間だよと。
それによるめまいなんだよと。
気持ちが強いから自分では「ストレス溜まってる」という自覚をすることが出来ない、それを身体がめまいという形で信号を送ってる。
穏やかな気持ちで生きるようにしてください。

というものでした。

そこから自律訓練法など、副交感神経を優位にするトレーニングを勉強したり、集中すると浅くなり勝ちな呼吸をなるべく深く保つ意識をしたりしてこの歳まで生きてきました。

脱線したようですが、メンタルっちゅうのはホンマに自分では分からないものです。

またそれが、身体に大いなる影響を与えるものなんだということを今回改めて感じたということです。

「気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ」

ということですよね☝️
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4719.JPG