私は、5年前からバンドをやっています。
どんなバンドかというと、
中原めいこさんのトリビュートバンドです。
1 (640x480)


皆さん、「中原めいこ」さんってご存知ですか?
やはり30代以下の方だと「??? 」でしょうね(笑)。

それ以上の方でも、「名前は知っているけど・・・」という方が多いかもしれません。

「中原めいこ」さんは80年代のアーティストです。
代表曲は、当時化粧品のCMソングになった「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」 や、
人気アニメ「気まぐれオレンジロード」のテーマ曲になった「鏡の中のアクトレス」など。
img006 - コピー (1280x1279)


めいこさんは「アイドル」だったと思っている方も多いようですが、
作詞も作曲も編曲もするアーティストです。

詞は、80年代のバブル時代を背景に繰り広げられる恋愛モノが多く
聞いていると、六本木の「ディスコ」や「カフェバー」にいる気分になります(笑)。

曲は、当時としては珍しく、フォークでもニューミュージックでもない、
DISCO、SOUL、FUNKのテイストを取り入れた洋楽的邦楽POPS。

この世界は、筒美京平さんが先駆者で、
中原めいこさんが引き継いでいると私は思っています。

何故、めいこさんが筒美京平さんの影響を受けたか・・・
私の独自の分析によると(笑)、
めいこさんは昔、郷ひろみさんの大ファンでしたが
郷さんの初期の作品のほとんどは、筒美京平さんによるもの。

郷さんファンのめいこさんが、郷さんの曲を聴きながら
筒美京平さんの影響を受けていったことは想像に難くありません。
実際、同じく郷さんの大ファンだった私も、郷さんの曲を聴きながら
筒美京平さんの才能に魅せられていったのですから(笑)。

そしてその流れから私がめいこさんの大ファンになったことも
必然だったように思います。

めいこさん才能は、今の時代でも・・・むしろ今の時代の方が
受け入れられると私は確信していますが、
めいこさんは現状、1991年にリリースしたアルバムが最後となっています。

復活アーティストが多い中、めいこさんはどう検索しても所在さえつかめません。
全く情報が無いのです。

それはとても寂しいことですが、
その潔さがめいこさんらしくも感じ、素敵に思えたりもしています。

自分から望んでアーティストとは別の人生を歩んだめいこさんに
「もう一度歌って!」とは言えませんが、
めいこさんの素晴らしい作品たちは、是非もっと多くの人に聴いて頂きたいと、
私は「中原めいこトリビュートバンド」を続けています。

めいこさんの作品たちは、私の一生の宝物です。

中原めいこトリビュートバンド「LOTOS」 HP