IMG_6779.JPG
先週土曜日、今年最後のLOTOSのライブが終わりました。
来てくださった皆様、ありがとうございました!

私がバンドを結成したのは丁度50歳のとき。
周囲には「イカ天」世代で 若い頃にバンドをやっていた方々が、仕事も家庭も落ち着いて自分の時間が取れるようになったとのことで、バンド活動を再開する方が結構いらっしゃいましたが、私はそのときまでバンド経験0(ゼロ)。

その上、歌に自信がある訳でも上手い訳でもありませんでしたが、ただただ、音楽活動をやめてしまった大好きな中原めいこさんの曲を生演奏で聞きたいという思いでバンドを結成しました。
4.JPG
当時は中原めいこさんの曲をカバーしているアーティストさんもいらっしゃいませんでしたし、中原めいこさんのコピーバンドもありませんでした。
だから自分でするしかなかったのです。

50歳からの初バンド活動に周囲は驚きましたが、当の本人は年齢など全く気にもせず。
「無いなら作ろう〜」という、非常に単純な発想で、それがたまたま50歳のとき。

そう思うと、私はこれまで年齢で何かをあきらめたことはないです。

就職のときも・・・
大学時代放送研究部でDJ(当時の"しゃべる"方のDJ)などをやっていた私は、「これを仕事に出来たら楽しいな〜」と思い放送局に入社。
しかし一般職で入社した私はその後、「やっぱりしゃべる仕事がしたい」と強く思うようになりました。

とは言っても、その頃は中途採用などなく、新卒でないと入社試験が受けられない状況。
でも、ここであきらめない。
探しに探して見つけたのが「TBS 954 キャスタードライバー」。
これはラジオカーを運転して現場まで行き、そこでラジオ番組にレポートを入れる、TBSのラジオレポーターの仕事です。
TBS954.JPG

そう言えば、1987年に放送された、荻野目洋子さん主演のドラマ「赤ちゃんに乾杯!」では、荻野目さんの職業がこのキャスタードライバーでした。

そのときのTBS 954 キャスタードライバーの年齢制限は24歳。私はギリギリ間に合う年齢で、「これだ!」と思い即行動に移しました。
そして試験を受けるまでにたどり着き、キャスタードライバーになることが出来ました。

今思えばあのときが「年齢であきらめない」人生のスタートだった気がします。

「年齢であきらめない」、「年齢にとらわれない」、「やりたいときがはじめどき」で、その後の人生もどんどん進み、今はアーティストマネージャー。

そのアーティストのデビュー20周年お祝いイベントへの出演が、最初にお話ししたLOTOSの今年最後のライブでした(笑)。
IMG_6767.jpg
LOTOSのライブを見に来てくださったお客様はもちろん、そのアーティストのために集まり素晴らしいステージを披露してくださったバンドの皆様、お越しくださったファンの皆様、関係者の方々にも心から深く深く感謝です。
12.1DMFフライヤー.jpg
当日の様子は追って写真でご紹介させて頂きます♪
IMG_6778.jpg