月別アーカイブ / 2018年12月

リビング、ダイニングと違って、これらの部屋は何かしら植物の生育に適さない環境があり、結構苦労しました。

まずは和室。
日が当たらない訳ではないのですが、日中でも障子を閉めているため、結果日があまり届かない。

最初は、くるくる巻いた葉が可愛い「フィカス・ベンジャミン・バロック」を置いていたのですが、どんどん葉が落ちてホウキ状態に(涙)。
その後も種類を変えて置いてみたのですが上手く育たず、半ばやけっぱちで、置き場所に迷っていた「ハナキリン」を置いてみたら・・・ん!?意外と元気。

ハナキリン
t4OaixEsIv.jpg
この「ハナキリン」、花の形から何となくベコニアの仲間だと思い込んでいたのですが、調べてみたら全くお門違いで(笑)多肉植物でした。丈夫なのも納得です。
しかし、こちらに置いてから花が咲かないような。。。
観葉植物代わりなら問題ありませんが、花を楽しむなら、やはり十分な日当たりが必要なようです。

そしてもう一つ。
サンセベリア
XbQ2z2P64u.jpg
空気を綺麗にすると、一時期大人気でした。
耐陰性もありますし、水やりもあまり必要ではないというか、冬場は水をあげてはいけないと(笑)という手がかからない植物です。
和室に置くものを選ぶとき、これは絶対の信頼のもとに選びました。

次はトイレ。
こちらは窓の向きの関係で日があまり入りません。
グリーンネックレス等を置いていたのですがしょんぼりな状態なってしまい、耐陰性のある"可愛い"植物を探していたところ・・・見つけました!
むしろあまり日光に当てない方がよい"可愛い"植物。
カリシアロザート
AB7OmBYkQp.jpg
この植物は、説明書きには「置き場所:日当たりが良い場所」とあるのですが、日が当たると、ピンク色の葉が普通に緑色になってしまうのです。
ということで、日があまり入らないトイレの窓際に置いて、"ピンクの植物"として育てています。

上にいるのは、本を読む天使(笑)。
Jp5IZevXXm.jpg
そしてバスルーム。
こちらは日当たりもさることながら温度変化が激しいせいか、苦労しました。
ヘデラでも枯れてしまいましたから。。。
それで最後の手段、「ポトス」を置きました。

ポトス
nB2AjWsjo6.jpg
「ポトス」は私の中では一番丈夫な観葉植物で最後の砦なのですが、ここはもう頼ることにしました。

しかし意外だったのは、
フィロデンドロン シルバーメダル
87gJWCrzJ5.jpg
試しに置いてみたのですが全然平気(笑)。
これを置くことに成功したことで、ポトスを置いた敗北感が少し薄れました(笑)。

こちらもなかなか手強かった洗面所。
窓もあるし天窓もあるのですが、方角の関係で日が入る時間が短いのです。
それで、可愛いながら耐陰性のある代表格「レインボーファン」に託しました。

レインボーファン
RTEwuT_5PS.jpg
お陰で明るい雰囲気に。

こちらは"挑戦"で置いてみました。
スパイラルドラゴン
HVrBavBlgi.jpg
情報が少なかったのでどうかと思ったのですが、名前が強そうだったので(笑)置いてみました。
そうしたら、問題なし。
この"くねくね"は日当たりが悪いせいではなく、もともとこのような成長をするものなのです。
ユニークで気に入っています。

最後は一番頭を悩ませた玄関。
方角も悪くないし、窓のスペースも割とあるのですが、厚い磨りガラスのため日が届かないのです。
耐陰性が高いと言われる、オキシカルジューム、シンゴニューム、モンステラ等いろいろ置いてみましたがダメ。。。
そんな中、ある日見たこともないビジュアルの観葉植物を発見。
お店の方からモンステラの新品種と聞いてびっくり。
だって、トロピカル感は全くなく(笑)、どちらかと言うと落ち着いた『和』な感じ。
それがこちら。

モンステラ スパイダー
YHlvBJftCg.jpg
モンステラは以前枯らしているので不安だったのですが、玄関に似合いそうだったのでとりあえず置いて様子を見ることにしました。
そうしたら、何と何と!元気に育ってくれるじゃないですか。
ツルもどんどん伸びています。
思いがけずこの難しい場所に、素敵な植物が来てくれました。

"緑"があると、どの部屋へ行ってもウキウキします♪

私は植物が大好き。
お花屋さんが視界に入ると吸い込まれるように店内に入ってしまいます。
そして出てくるときは大抵何か抱きかかえています(笑)。

そうやって増えていった、私の大切な植物たちをご紹介します。
この家に引っ越して1年になりますが、日当たり、温度などの関係で、成育に適さず残念ながら枯れてしまったものもいくつか。。。
しかしその度に反省し勉強し、ようやくそれぞれ適した環境に落ち着いたようで、今はみんな元気に育っていてくれています。

まず、一番長く側にいてくれている
ロイヤルジャスミン
CcZg_J9BQR.jpg
7〜8年前、誕生日に友達からプレゼントしてもらいました。私からのリクエストで(笑)。
フランスなどでは香料用に栽培されていますが、本当に香りが良く、花が咲くと部屋中に甘い香りが広がって、まさしく天然アロマです。
tyFhJ1IHNW.jpg

暑くても寒くても耐えてきてくれました。

そして次に長いのはこちら。
ウンベラータ
EQOqag41XG.jpg
購入して5年ぐらいになりますが、以前、置き場所が悪かったようで、一度葉が全て落ちてしまったことがありました。(T_T)
でも、前の家でリビングに置き換えたら大復活。
若葉が出て、それがみるみる大きくなるのを見ていたら感動してしまいました。
それ以来は特別なことをしなくても水だけで青々としています。

この2つ以外は、こちらの家に越してから私の元に来ました。

ウンベラータの下に置いている
アンスリウムフーケリー
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6702.HEIC

初めて買ったのですが、びっくりするほど丈夫(笑)。
他の植物は、「あっ!弱っている!!」と思ってあわてて水をやるようなことがあるのですが、こちらはいつでも元気ハツラツ。

そしてシュガーバイン
aWchYyTZyl.jpg
とてもポピュラーな観葉植物。
ビジュアルが繊細な割には手がかかりません。

こちらは
ペペロニア 
 (左から)カペラータ/オルバ/アングラータ
1dabTmtS9h.jpg
育てやすく、種類もとても沢山あるので、こうして何種類か並べて育てていると楽しいです。

少し前、テレビでも話題になった
レインボーファン
6hsv7Cgoda.jpg
光の当たり具合によって、綺麗なグリーンだったり青みがかったり、色が変わって見えます。
耐陰性抜群。
日が当たらない場所に緑を置きたいのならこれです。
気をつけることは乾燥させないこと。

棚の上、天井近くには
コウモリラン
Qsuw8OjZcO.jpg

OOgGi7RlMU.jpg
家具転倒防止のための突っ張り棒を隠したくてここに置きました。
高くて脚立がないと届かないので、水やりをあまりしなくてもよいものをと思って選びました。

この2つは
ホヤ カルノーサ
bOL8TDLFiq.jpg

macHFpmRN3.jpg
ちょっとアンティックぽいビジュアルがお気に入り。
「育てやすい」と言われる割には、これまで何度か枯らしてしまいました。。。
そのほとんどが根腐れ。
それを教訓に、土が完全にカラカラになるまでは我慢して、水をあげないようにしています。
そうしてからは元気です。
でも成長が遅いので、"すくすく"とは育ってくれません。(^ ^;

まだ来たばかりの
シンゴニウム チョコレート
IfO4l1U5UT.jpg
葉の表の濃い緑と裏のチョコレート色のコントラストが素敵で、一目惚れして買いました。
よく知られている"シンゴジウム"とは全然雰囲気が違います。
cmaZ3rgPWB.jpg
こちらも耐陰性があるので窓際でなくても大丈夫。

そして今一番のお気に入り、
エスキナンサス ラディカンス
ZygnDrX17X.jpg
葉は肉厚で存在感があり、その隙間から見えるボルドー色の花の額はとってもシック。
rX2GFVD8kP.jpg
でも、その額の中から出てくる花は、目が覚めるほど鮮やかな赤なのです。
cYhnHc8tsD.jpg
このエスキナンサス ラディカンス、最初は2階へ上がる階段の途中の窓際に置いていたのですが、気がつくと葉がポロポロと落下。
調べてみたら、気温が5℃を下回ると葉が落ちるとのことだったので、即リビングの温かい場所に移動させました。
それで何とか葉落ちは食い止められたようで、その後は元気です。

最後はこちら
フィロデンドロン グラジエラエ
nRQPQYGL6N.jpg
ハート型が可愛すぎて、一度に4鉢も買ってしまいました。
しかし・・・そのうちの3鉢を私のミスで直射日光に当てて枯らしてしまい、生き残ったのはこの1鉢だけ。。。
でもそのとき、葉は全て落ちてしまったものの、茎に少し緑が残っていた他の1鉢を捨てるに捨てられずその後も育てていたら、何と3ヶ月ぐらい経って葉が出てきました!
AnO2LxKYTG.jpg
日々少しずつ、葉が開いています。
今は、毎朝その成長の様子を見るのが楽しみです。

リビングやダイニングは極端に暗い場所はないので日当たりはあまり気にする必要はなく、温度変化もそんなにないので、どんな種類のものも割と順調に育ってくれます。

注意すべきは環境よりも私の水やりのタイミング。
これは種類によって違ってくるので、ひとつひとつに目を配るようにしています。




集合写真0001.jpg

先週末に開催致しました「邦楽Dance Music Festival
〜DANCE☆MAN 20th Anniversary Special 有難う宇宙人!~」にお越しくださった皆様、ありがとうございました。

このイベントが、LOTOSの2018年最後ライブとなりましたが、素晴らしい出演者の方々とご一緒させて頂き、またお客様の温かい声援に包まれて、今年一年の活動を素敵に締めくくることが出来ました、
IMG_9529.jpg
IMG_9461.jpg
IMG_9530.jpg
IMG_9616.jpg
このイベントは、私がマネージャーを務めるダンス☆マンというアーティストの"デビュー20周年お祝いイベント"だったのですが、ダンス☆マンのトリビュートバンドをはじめ、親しくしているバンドの方々が力を貸して下さり、このような素晴らしいイベントを開催することが出来ました。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6956.JPG
U9Tv6BW2ts.jpg

LOTOSのライブが出来る喜びは毎回噛みしめていますが、今回はそれとともに、私が担当するアーティストがこんなにも多くの方々に愛されていることを改めて感じ、胸がいっぱいになりました。


LOTOSを始めてから、中原めいこさんファンの方々と知り合うようになりましたが、それまで見ず知らずの方たちが応援してくださることにも、バンド活動をする中で知り合ったメンバーや他のバンドの方々が、今では困ったことを相談できる関係となっていることにも、正直嬉しい驚きを感じています。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6958.JPG

「友達」や「仲間」というものは"若い頃につくるもの"というイメージがあったので、50歳を過ぎて知り合った方々に日々励まされ、支えられる現実は想像していませんでした。


そして、昔からの友達が今の私の活動を応援してくれていることも嬉しい驚きです。
最初のころはライブに来てもらうことも、「何か無理して来てもらって申し訳ないな」と思っていたのですが、色々話をする中で、私の活動に元気をもらっているという言葉を聞き、逆にすごく元気をもらいました。

若い頃には"いて当たり前"だった「友達」や「仲間」が、今この年齢になって、本当に有難く尊いものだと感じています。
何もかもがスロースターターの私ですが、今こうした人々に囲まれていることに、とても幸せを感じています。
そしてこれからも年を重ねるごとに、想像できなかった"嬉しい驚き"があるような気がしています。

♡いつも応援に来てくれる高校の後輩のリエちゃん
IMG_6953.JPG

♡30年来の友人のるみちゃん。ありがとう!
IMG_6954.JPG







↑このページのトップへ