私の人生はラッキーなことが多い。

小学6年の時、各学年から一人ずつ集めた6人でオリエンテーリングをする大会があった。
私は6年生だったので当然リーダーだ。
そのオリエンテーリングは、一番最速でゴールしたチームが優勝になるわけではなく、
全チームのゴールタイムの平均値に1番近いチームが優勝となる少し特殊なルールで行われた。

同級生の仲間たちは、しきりに周りのチームの動向を探り、早すぎず遅すぎずに注意を払いながら慎重に進めていた。
一方私はというと、幼少期から父の会社の方々とスキー旅行に行ったり、物心ついた頃には始めていた水泳教室でも年上ばかりに囲まれていた為、
年下の扱いに慣れておらず、「引っ張っていく」気質をあまり持ち合わせていなかったので、
優勝することには固執せず、なるべくみんなで楽しめる事だけを念頭に、
時に無駄話をしたり、また、時にはオリエンテーリングのお題とは関係ない所で遊びながら進めていた。

そんな私のチーム「スリースターズ」が優勝するのだから、運とは奇怪なものだ。
ちなみにチーム名のネーミングセンスに触れるのは勘弁願いたい。小学6年生が爽やかでお洒落を意識した結果なのだ。

こういった幸運にしばしば出会う私の人生だが、他人に「君、ラッキーボーイだよ!」と言わしめたことがある。

芸能から離れた高校2年生、バイトを始めた頃の話。
ちょうどその頃、学生生活だけになった為時間を持て余していた私は、原付バイクの免許とバイクを取得したばかりだった。
部活はやっていなかったのかと言うと、高校1年の時サッカー部をクビになって以来部活動は一切していなかった。
クビというより顧問からある日「お前は部員と認めていないから明日から来るな」と通告を受けたのである。
部費も払ってユニホームまで持っていた私は呆然としたが、芸能活動でろくに参加していなかったのだから仕方あるまい。
まあ決定的なことはあったのだが、長くなるのでまたの機会に。
(危ないことをしたわけではないということだけは明記しておく)

あとこれは余談だが、私はバイクの運転中に本意気で歌うという、今考えれば恥ずかしい事にハマっていた。
当時は、歌声はバイクの音で掻き消され、道ゆく人々には聞こえていないと思い込んでいたのだ。
ある日そんな平野を見かけた友達から「めっちゃ歌ってたね」と言われ赤面する羽目になってからは鼻歌程度に留める事にした。
だから今でも時々、バイクや自転車に乗りながら大声で歌っている人を見ると、「聞こえてますよ」と教えたくなる。
まあ知った上で歌っている人もいるだろうから余計なお節介ではあるが。

かなり脱線してしまった。
まあそんなこんなでバイトを始めたわけだが、ある日のバイト終わりの帰り道、
バイクを乗り始めてから、つまりバイトを始めてから3ヶ月ほど過ぎた頃、
私は交通事故を起こしてしまった。

片側3車線ある大通りと環状線の交差点で左折車が急停車して、あわや玉突き事故になるところ、
私の前の3台は見事なブレーキ捌きで停止したのにも関わらず、とっさの判断と技術が甘かった私はブレーキが間に合わず前の車に突っ込んでしまった。
当時流行っていたボックスタイプの車だったので、背面ガラスに突っ込み、粉々になった破片と共に道路に崩れ落ちた。
うっすらと「大丈夫かっ?!」と聞こえてきて目を開けると、辺りにはかなりの血溜まりが出来ており、
その瞬間、誰かを傷つけてしまったと思った私は人生の終わりを覚悟した。
一生をもって償わなければと。

しかし突っ込んでしまった車の運転手が、真っ青な顔で真っ直ぐこちらを見ている事に気付いた私は、
改めて冷静に周囲の状況把握を試みた。
結論から言うと、全て私が流した血だったわけだが、それがわかった瞬間「俺だけが怪我するに留まってよかった」と、
ものすごく安堵したことを今でも覚えている。

第一の幸運は、事故を起こしてしまった車の運転手の方が本当にいい人だった事。
突っ込んだ張本人である私を気遣ってくれて、救急車を呼んだり、血を拭くタオルをくれたり、
後日の事故処理での保険でのやり取りも実に誠意ある対応をしてくれた。
感謝しても仕切れない感謝と同時に、謝罪の気持ちがいつまでもある。

病院に担ぎ込まれ、検査をし、結果を告げられたのだが、その時のお医者さんの第一声が、
「君、ラッキーボーイだよ!」だった。

頭と額を軽く切ったのと、非常に軽い全身打撲のみとの診断で、事故内容にしてはとても軽症だったらしい。
縫うこともなく翌日には普通に学校にも通えたのだから相当な幸運だったのだろうと今でも思う。

しかし幸運があるということは、もちろんその逆もあって然り。
「幸運」という出来事や言葉に甘えず、
常に「自分の行動の結果」に注意を払いながら生きなければと思う。

自分の不注意や怠慢でとんでもない事をしでかしてしまう「パラレルワールド」だって存在しているかもしれないのだ。
生きるということは、最後の時まで終わることのない分岐を選択するということ。
少しでも良い結果を生み出す選択をする為、過去の過ちから学び実行していこうとブログを書きながら改めて思った。

本日もありがとうございました。

昨夜は「おもいッきり木曜日!」五周年記念放送でした。
五周年、そして私の誕生日祝いのコメントをくれた俳優達(芸人さんも)、ありがとうございます!!

Special thanks...
小南光司さん→昨日ゲストで来てくれてワインもありがとう。
鈴木勝吾さん→モリミュで早く闘いたいね。昨日のVは文化人のようなオーラでした。
井澤勇貴さん→半裸で日光浴をしながらテレビ電話を掛けてくるのはやめてください。
和合真一さん→相変わらずのエエ声とエエ角度でした。
宮河慶信さん→初演出した時の、主演。稽古中も厳しくしてしまいましたが、千秋楽は本当に胸を揺さぶられたなぁ。
オラキオさん→最高のフォルムでした。ありがとうございます。
秋沢健太朗さん→秋田美人でおっとりした空気に癒された。
葉山昴さん→嬉しいけどV長すぎ(笑)スタッフさんが結構編集したらしい。逆光が凄かった。また飯行こ。
日向野祥さん→最近全然会えてないけど、前にも増して男前度が上がってたな。
横井翔二郎さん→顔美しすぎる。はじめ女優さんかと思ったわ。
鎌苅健太さん→陽気な兄やん。稽古で恒例のアレ、やりましょうね。
深澤大河さん→ミスター後輩の大河、いつも気遣いありがとう。
玉城裕規さん→中谷美紀さんにしか見えませんでした。
山本一慶さん→金髪になってた。一慶とは何気に長い付き合いよね。
加藤良輔さん→年上なのに何故か後輩感を出してくるりょーちん。
宮城紘大さん→25ナビ隊ピンク。今年もよろしく。
佐藤永典さん→結構久々だったけど、前より新幹線感が増してたな。
鷲尾修斗さん→バースデーチルドレンの修斗、真っ直ぐさが気持ち良い。
輝山立さん→チェーザレ残念だったけど、またいつか一緒に筋トレしよう。
前内孝文さん→ほぼ番宣やないかい!
椎名鯛造さん→ほぼ番宣やないかい!part2。でも2人とも毎年ありがとう。
碕理人さん→3人同時に話すから、ほぼ聞き取れませんでしたw
杉江大志さん→3人同時に話すから、ほぼ聞き取れませんでしたw
反橋宗一郎さん→3人同時に話すから、ほぼ聞き取れませんでしたw 3人ともユーモアサンキュー。
今立進さん→ツンデレな今立さん、本当は物凄く平野好きってバレてますよ。
黒羽麻璃央さん→第一回目の放送時のゲスト!何気それ以外一緒に仕事出来てないからいつか共演したい。
寿里さん→陽気な兄やんpart2(笑)事故回でもお世話になりました。


とまあ、こんなに沢山の方がコメントくれて嬉しい限りです。

平野がベラベラと好き放題に話すだけのゆるい番組なのにここまで続くなんて奇跡だ。
当初は全9回限定での放送予定だったが、何事もなかったかのように毎月放送して気づけば5年。
色々あったなぁ。
半年から一年を迎えようとしてた時、話す事に身構えすぎて正直しんどい時期もあった。
それがいつの間にか、我が家のような居心地の良い場所になった。

元々、私は下ネタがあまり好きではないのだが、憧れの「ましゃ」そう、福山雅治さんのラジオみたいに、
少しエッチな事も爽やかに面白く言えるダンディーでアダルティーな男になりたいと思い、
下ネタ連発で顰蹙を買っていた時期もある。
ありのままの自分でいいじゃないかと吹っ切れてからは、何かにつけても「優良番組にしたい」と連呼している気がする。
カップルや夫婦、家族みんなで見れる番組にしたいと心掛けているが、何分気分屋のおしゃべりクソ野郎なもんで、
話したいことを話したいように話すだけの番組になってしまっている。

電車で寝過ごして草加まで行ってしまい、その日のゲストである植田圭輔氏と寿里さんに30分間、遅刻の私の穴を繋いでもらうという、
思い出しても苦い記憶もある。
そんな苦い思い出の土地「草加」が今ではサウナのおかげで愛する土地になっているのだから、やはりサウナは偉大だ(そこ?!)

昨日も着ていたラッコちゃんTシャツかわいいですよね?皆さんも是非!

その時々で色々な事を考えさせられたり、向き合ったり、振り返ったりできる「おももく」。
なんと言っても視聴してくださる皆様のおかげ、
毎月お題や悩みを投稿してくれて、素敵な絵で心をほぐしてくれる皆様がいるからこそ、
ここまで続けてこれました。
これからもみんなで「いい場所」を創って行けたらいいな。

では。

さて宣言解除に伴って、徐々にお仕事に復帰していくわけですが、その前に落ちてしまった滑舌やらを戻さねばならない。
自粛中はどうしたって喋ることが少なくなってしまっていた。
だからテレビを見ながらの独り言をいつもより多くしていた。

クイズ番組はさもスタジオにいるかの如く参加し、いやむしろ出演者よりもやかましく話していたんじゃなかろうか。
ドラマや映画を見ながらも、第3の人物として芝居してた。
この前「SUNNY  強い気持ち・強い愛」という映画を見た時は終盤、自分もずっと仲間だったかのように号泣し声を掛け合った。
側から見たら精神状態を疑われそうな状況だが、あくまで滑舌や表情筋を戻すためだと言い訳しておこう。

私は昔から滑舌にコンプレックスを持っていて、と言うのもお芝居を始めた頃は毎日のように滑舌を注意されていたからだ。
「何言ってるかわかんない!」や「滑舌悪すぎて情報が入ってこないよ!」といった調子で毎回怒られては落ち込んでいた。
割り箸くわえながら訓練したり、表情筋の筋トレしたり必死だったなぁ。
今でも舞台の本番前は、必ずストレッチに加え発声滑舌の訓練をしている。
このルーティーンは私の中では最重要項目で、このアップをしないと怖くて舞台に立てないほどだ。

自粛期間中も朝シャンしている時に軽くこの訓練をしていたのだが、やはりそれだけでは足りなかったようで、
顔が弛んでいると気づいた時にはひどく焦った。

なので先週から久々にある訓練を再開した。
ズバリ!「外郎売り」

お芝居未経験者でもタイトルくらいは聞いたことあるって人が多少なりともいるのではないだろうか。
演技本に必ずと言っていいほど載っている外郎売り。私も役者人生でどれだけやってきたか数え切れないほどだ。
始めた頃はもちろん、復帰する際、通っていた授業でもやった。
外郎売りは、元々は歌舞伎でしたが、正しい発声法と滑舌を訓練するためによく用いられるのだ。

この前、数年ぶりにやってみて驚愕だった。
めちゃくちゃ下手だし、ちゃんと言えなくなっていた。
「本当に貴様、私の口か?!いつの間にか誰かの口と入れ替わったのだろ?!」と思うほど狼狽えた。
その日から今日まで毎日臨んで、若干感覚が戻ってきたがまだまだ足りない。
お芝居のお仕事が再開されるまでに元通り、いやそれ以上を目指さねばならない。

そんなこんなでこの後は「おもいッきり木曜日!」の配信。
うまく喋れているかも含めてお楽しみください。

では。

↑このページのトップへ