平野啓一郎『小説の読み方』(PHP文芸文庫)が5月11日発売決定、予約受付も開始しました!

無料試し読みもこちらからお楽しみいただけます。
 


【「今読んでほしい」2作品を追加!】

『小説の読み方』は、純文学、ミステリーさらにはケータイ小説も含めた計9作品を題材に、小説をより深く楽しく味わうコツをわかりやすく解説した本です。新書刊行から13年経ち、ついに文庫版刊行が決定しました。

そして(!)文庫化に伴い、新たに二つの作品解説を追加しています。

一つ目は、ドストエフスキー『罪と罰』(光文社古典新訳文庫)。言わずと知れた名作でありながら、平野啓一郎が「今、この時代にこそ読むべき」と力説するほど、現代的なテーマを孕んだ作品です。

そしてもう一作は、平野啓一郎の最新長篇にして、分人主義文学の最先端である『本心』(文藝春秋)。2040年代の日本を舞台に、最新技術を使って生前そっくりの母を再生させた主人公の物語です。

時代背景は大きく違えど、「今、最も読んでほしい」2冊を、独自の視点で解説しています。自分の小説の読み方を深めたい方、読書の幅を広げたい方、小説を書くことに興味のある方。小説を愛するすべての人へおすすめしたい一冊です。
 



【無料試し読み】

5月11日の刊行に先立って、無料試し読みを公開しました!
 

平野啓一郎が考える、小説でしか味わえない興奮とは何か? 作品を深く読むための「四つの質問」とは?

ぜひ予約の参考にしてください!

「小説は、もう歴史的な役目を終えてしまったのだろうか? とんでもない!むしろ今こそ、小説は、その意義を更新して、私たちに必要とされている表現形式なのだ。」

──第1部「小説を読むための準備」より


【予約受付はこちらから】
▶︎Amazon
▶︎Rakuten
▶︎honto
 

無料試し読みはこちら