平野啓一郎の長篇『ある男』文庫版(文春文庫)が9月1日に刊行しました!


2018年9月の単行本刊行から、読売文学賞受賞、英語版が海外でも熱狂的な支持を集めている本作。2022年の映画化も発表されました。皆様のおかげでこの物語が多くの方々に届き、大変嬉しく思っております。


過去を変えて生きる男を巡る愛の物語。

文庫本の刊行をきっかけに、また多くの方にこの物語を読んでいただけますように。原作と映画、ぜひどちらの世界もお楽しみください。



『ある男』文庫版Amazonはこちらから。
『ある男』特設サイトはこちらから
文庫化に寄せた平野啓一郎のメッセージはこちらから。


【あらすじ】
愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。 里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。
人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「ある男」を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
 第70回読売文学賞受賞作。キノベス!2019第2位。2022年映画公開が決定。