こんにちは。長らく更新が滞ってしまいすいませんでした。


8月、9月と上海、ミュンヘンにいってきて、
そのときの写真が少しあるのでご覧ください。


上海には8/14~19まで行っていました。

『日蝕』と『一月物語』という
僕の初期の2作品が翻訳刊行されるタイミングで

ちょうど上海でブックフェアも行われていたので

プロモーションもかねて行きました。

z1kjai474G.jpg

中国では今まで『ドーン』だけが翻訳されていましたが、 
浙江文芸出版という出版社が僕の作品に関心をもってくれて
デビュー作からはじめて、全作品を刊行するという
大きなプロジェクトを進めてくれていまして、
その第一弾として『日蝕』、『一月物語』が刊行されました。

上海では、連日4、5件のインタビューと対談をこなしたのですが
ここは初日の公開対談をおこなった書店です。

上海の古い建物をリノベートしたとてもおしゃれな書店でした。

臨時_170921_0001.jpg


こちらは上海ブックフェアの会場です。

初日の公開対談を行なった書店.jpg



上海ブックフェアの関係者パス。
今年はSF特集でした。

上海ブックフェア関係者パス.jpg


上海駅、空港みたいにでかい。


上海駅.jpg


ここから高速鉄道に乗って
浙江文芸出版のある杭州にいきました。

平野さん.jpg


ホテルが広かった。

ホテル.jpg


ザリガニ。

子どもの頃のことを思い出しつつ

結構美味しかったけど、苦労の割に身が少なかった。。。

ザリガニ.png


上海市図書館。


上海市図書館.jpg


分人主義についての講演をしました。

文人主義について講演.jpg


上海図書館の自動返却窓口。

上海図書館自動返却窓口.jpg


バスがパトカーに激突(笑)

バスがパトカーに激突.jpg


夜はホテル近くの洒落たバーで一杯


洒落たバーで一杯.jpg

6日間の滞在中
かなりのハードスケジュールでしたが、とても充実していました。


出版社の人に、熱意を感じ

サイン会や講演にもたくさんの読者に集まってもらい

感激しました。

つづく




平野啓一郎から直接あなたへメッセージが届く!
Mail Letter from 平野啓一郎の登録はこちらから
→ https://k-hirano.com/mailmagazine/

友だち追加

『マチネの終わりに』特設サイトはこちら