月別アーカイブ / 2017年04月

2008年から2016年にかけて、主に雑誌の依頼に応じて書いたタイアップ小説・エッセイ集『平野啓一郎 タイアップ小説集』が電子版限定で発売になりました。
ショートストーリーが27編収録されています。平野書き下ろしのまえがき付き。

パリ、新宿、ガンジス川の畔etc. 舞台も時代も主人公も様々な、プレミアム・アナザーワールド。
普段の長編小説とは一線を画す、軽快な読み口となっています。

平野がタイアップを依頼された商品を“ひらめきの源泉”として紡いだ短編の数々を、是非お楽しみ下さい。

(スタッフ)

02276A80-E292-4FC3-A67E-6C4E922383A1.JPG
北京大学のキャンパス。別角度から。
なんというか、豊かな感じがします。
626B04AF-1477-4748-99A0-496F67693115.JPG
 

最後は、中国の出版社の人たちと会食で訪れた北京ダックのお店。
今のところ、中国では『ドーン』だけが翻訳されていますが、『日蝕』、『一月物語』、『高瀬川』、『マチネの終わりに』の出版が一気に決まりました。浙江文芸という出版社で、「自分の全集を書くつもりで書いている」という僕の考えを尊重して、全著作を翻訳出版したいと、非常にありがたいオファーを戴きました。
おしゃれなお店。
8C17B76B-1CAD-4C0D-98CE-22B2D4385570.JPG
プリプリの北京ダック。こっちでは、身も食べるんですね。
IMG_0715.JPG

9498A873-BFFF-4FCC-8BDD-698B61A8B350.JPG
このデザート。甘酸っぱい何かの実を飴でコーティングしているのですが、ものすごくおいしくて、やみつきになりました。日本の中華料理のお店で食べたことないけど、一般的なデザートなんだとか。

北京ダック、白いいつもの皮だけじゃなくて、カリッと焼いたものも。
532BF63E-B997-4672-B4D3-6DAD1DE56886.JPG
 すごくおいしくて、おしゃれなお店でした。オススメです。
A2398C00-A3C0-487D-9934-65B2945D4CCE.JPG
AB49B5A5-6528-4BED-808A-D5471F005C72.JPG
というわけで、また旅行にでも行ったら、写真、アップします~。

ではでは 

平野啓一郎から直接あなたへメッセージが届く!
Mail Letter from 平野啓一郎の登録はこちらから
→ https://k-hirano.com/mailmagazine/

友だち追加

こんにちは。
ひじょーに今頃ですが、3月中旬に北京に行っていたので、その時の写真をちょっとアップしておきます。
東京大学、北京大学、ニューヨーク大学、オーストラリア国立大学の四大学合同のシンポジウムで、僕は、ボードレールの「生命力の移動」という概念と分人主義についての講演、『高瀬川』を中心に衛生学者としての森鷗外と「生政治」についてのセミナー、という二つの大仕事がありました。それぞれ3時間、全部英語で、くたびれ果てました。。。

その際に撮った写真です。
CFCFD4B6-E64F-4860-9E61-9AE9FE3DF6AD.JPG
これは、北京大学のキャンパス。
広大な庭があって、非常に気持ちが良いのですが、セグウェイが欲しくなります。
雨の日は移動が大変でしょうね。
7F846D4D-3A0F-473E-B1EE-3831E101C5B1.JPG
F0BAA110-EF27-42C3-8591-26C2A719FD9E.JPG
セミナー会場。ここに教授の研究室なんかもあって、感動しました。

84D4398F-B439-4A5B-9910-57108311EA5B.JPG

これは、図書館ですね。
49B849C8-9C44-4EB6-B74D-536E8FD233B2.JPG
更に接近して。みんなで移動していて、人が入らないうちに先頭で写そうと焦ってたので、ゆがんでます。。。

C512F802-CC04-4F47-86FD-DBCE7B347DA6.JPG

講演のポスター。

(つづく) 
 

平野啓一郎から直接あなたへメッセージが届く!
Mail Letter from 平野啓一郎の登録はこちらから
→ https://k-hirano.com/mailmagazine/

友だち追加

↑このページのトップへ