文藝春秋BOOKSに、オンラインにて開催した、翻訳者・Eli K.P. Williamさんと平野啓一郎の【『#ある男』英訳 “A MAN” 刊行記念対談 】の一部抜粋記事が掲載されています。

平野啓一郎『ある男』英訳刊行記念対談 翻訳の壁を越えるには

累計9万部のロングセラーとなり、読売文学賞を受賞した平野啓一郎さんの『ある男』。6月1日に英訳“A MAN”がAmazon Crossingから発売され、好評を持って迎えられている。ウェビナーを使って行われた、英訳者のイーライ・K・P・ウィリアムさんと平野啓一郎さんの対談の一部をご紹介する。
 Eli K.P.William 1984年カナダ、オンタリオ州トロント生まれ。小説家・翻訳家。2009年トロント大学哲学科を卒業以来、日本在住。小説作品に、近未来の日本を舞台にした“Cash Crash Jubilee”など。長編小説としては、“A MAN”が初めての翻訳作品となる。

文藝春秋BOOKS

*今回の対談を始め、平野啓一郎が参加するイベントは、公式メールレターでお知らせしています。


    すこし遅くなりましたが、リクエストにお答えして、
    『マチネの終わりに』『ある男』のバーチャル背景をつくりました!
    作品をより身近に感じていただけましたら幸いです。

    バーチャル背景のダウンロードはこちらからどうぞ!

    ※『マチネの終わりに』『ある男』は、それぞれ英訳発売/DVD&Blu-ray発売記念で、468円で読めるKindleセール中です(7/9まで)。この機会にぜひ手にとってみてくださいね。

    マチネの終わりに
    ある男

    Ehn1D5yU8AAPFHs.jpg

    ある男』英訳版“A MAN”が本日6月1日発売されました!
    (Amazon Crossing / 訳:Eli K.P. William / AGT:メディアドゥ・グループ/米国Media Do International)

    『ある男』は、2018年9月に文藝春秋より刊行。読売文学賞受賞。『マチネの終わりに』から2年後に発表した、平野啓一郎の最新刊行小説です。そして、“A MAN” は、平野啓一郎にとって、初めての長編小説の英訳となります。

    【 あらすじ 】
    愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
    —『マチネの終わりに』から2年、平野啓一郎の新たなる代表作!

    弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。宮崎に住んでいる里枝には2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。

    ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。

    人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。

    【 試し読み 】
    公式サイトおよびKindleにて、日本語版『ある男』3章まで無料公開中。

    【 著者・平野啓一郎コメント 】
    『ある男』は、今僕が感じ、考えていることが、最もよく表現出来た作品になったと思っています。例によって、「私とは何か?」という問いがあり、死生観が掘り下げられていますが、最大のテーマは愛です。それも、前作『マチネの終わりに』とは、まったく違ったアプローチで、今回はどちらかというと、城戸という主人公を通して、美よりも、人間的な〝優しさ〟の有り様を模索しました。
    「ある男」とは、一体誰なのか?なぜ彼の存在が重要なのか? 是非、ゆっくりこの物語を楽しんで下さい。

    ↑このページのトップへ