こんにちは。


せっかく始めたラインブログも、
やや滞りがちで、スミマセン。
 
毎日新聞朝刊で連載していた『マチネの終わりに』をようやく脱稿し、
少し、11月に行ったセルビア~クロアチア旅行の写真をざっと見てもらおうと思います。
 
ベオグラードで催された
ブックフェアに招待されたんですが、
マチネの終わりに』のヒロインの父親も
旧ユーゴスラヴィア人なので、
僕にとっては願ったり叶ったりでした。

ベオグラードは、建築が面白いんです。

IMG_0588

IMG_0593

IMG_0594


こちらは、典型的な社会主義時代の建物。

IMG_0596


本屋さん。洒落てます。

IMG_0598
 

夜の国会議事堂。

IMG_0605
 
これは、NATOによる空爆のあと。修復せずに残してあります。 

IMG_0610

建設中の巨大な聖サヴァ大聖堂。

IMG_0618

IMG_0620


とてもユニークで、かつ、巨大。


(つづく)
 

小説『マチネの終わりに』連載中

はじめからお読みになる方は
こちらからどうぞ
▶︎https://note.mu/hiranok/n/nfda5cd3368a1 

こんにちは。

いつもご愛読、ありがとうございます。

『マチネの終わりに』の連載、当初の予定よりもやや延長されていますが、第八章に突入し、いよいよ大詰めに向かっています。ここまでずっと、読み続けて下さっている皆さんには、本当に励まされています。

この小説は、何かと気が滅入ることの多い昨今、せめて束の間、美しい物語の世界に浸る時間を作りたいと考えて構想したのですが、パリの凄惨な事件を受けて、ますますその思いを強くしています。

テーマ的には、非常につながってもいるのですが。……

蒔野と洋子の運命が、今後、どうなるのか。

最後までおつきあいいただけると幸いです。


平野啓一郎

aa
 

↑このページのトップへ