profile.jpg

平野の出身地、愛知県蒲郡市の「海辺の文学記念館」が
今年で開館20年を迎えるにあたり、
「小説の舞台と蒲郡」をテーマに平野の講演会が開催されます。

当日はサイン会も開催予定です。

是非、お越しください。


【平野啓一郎 講演会】
蒲郡市生まれの芥川賞作家、平野啓一郎氏を招き、講演会を実施します。

■日時:2017年6月10日 土曜日 13:00開場

■会場:蒲郡市民会館 中ホール

■プログラム
   13:45から13:55 海辺の文学記念館紹介
   14:00から15:30 平野啓一郎講演

■入場料:無料

■講演内容 テーマ「小説の舞台と蒲郡」

■その他 平野啓一郎の書籍販売・サイン会を予定しています。  

「海辺の文学記念館」とは
蒲郡市は、「海の眺めは蒲郡」と鉄道唱歌に歌われた景勝地で、とくに「竹島」とその周辺の海岸は東海地方屈指の保養地として多くの人々に親しまれてきました。その竹島のほど近くに、多くの文人たちに愛された料亭「常磐館」がありました。その「常盤館」は昭和57年に惜しまれつつ廃業となりましたが、その文化的・歴史的価値を少しでもよみがえらせ、蒲郡市に文化振興の拠点となるよう、常磐館があった同じ地に建てられたのが「海辺の文学記念館」です。館内には蒲郡市出身の直木賞受賞作家「宮城谷昌光氏」や芥川賞受賞作家「平野啓一郎氏」の作品なども展示してあります。
  (スタッフ)



平野啓一郎から直接あなたへメッセージが届く!
Mail Letter from 平野啓一郎の登録はこちらから
→ https://k-hirano.com/mailmagazine/

友だち追加

いよいよ今週末開催の「京都岡崎音楽祭“OKAZAKI LOOPS”」
logo.png

サテライト会場のJR京都伊勢丹にて、
平野と劇団ヨーロッパ企画代表 上田 誠氏とのトークショーが開催されます。
また、平野 啓一郎フェアも行われています。

自身も京都に縁がある作家・平野啓一郎と、
京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画の上田氏の対談。

ぜひお見逃しなく!

平野 啓一郎×上田 誠トークショー
■開催日時:6月11日(日)/午後2時から(約30分)

公式サイトはこちら

(スタッフ)




平野啓一郎から直接あなたへメッセージが届く!
Mail Letter from 平野啓一郎の登録はこちらから
→ https://k-hirano.com/mailmagazine/

友だち追加

81fYjPdEllL.jpg


平野啓一郎、待望の新刊『自由のこれから』が、
いよいよ6月15日に発売になります。

Amazonでは予約を受け付けています。

人間がテクノロジーに管理される、暗い未来を乗りこえる―― ベストセラー『マチネの終わりに』著者が挑む、人間×自由の可能性とは。 人工知能、自動運転、ドローン、ビッグデータとレコメンド機能…… 技術の進化によって、私たちの生活からは「自分で選択する機会」が失われつつある。 人間の自由意志はどこへ向かうのか? 予測不可能な未来と、その過渡期を乗りこえるための、新しい自由論。 田川欣哉氏(Takram代表)、大屋雄裕氏(慶應義塾大学法学部教授)、 上田泰己氏(東京大学大学院医学系研究科教授)―― 現代の「自由」をめぐる三人の専門家との対談を収録。
 
発売日前日の6月14日には、平野からメールレターが届きます。
ご登録はこちらから!

もうすぐ皆さんのお手元に新刊が届きます。
是非、お楽しみに!

(スタッフ)





平野啓一郎から直接あなたへメッセージが届く!
Mail Letter from 平野啓一郎の登録はこちらから
→ https://k-hirano.com/mailmagazine/

友だち追加

↑このページのトップへ