平野啓一郎が実際に愛用している「生産性手帳」2022 オリジナルカバーversion、平野啓一郎が2014年に考案し、ついに商品化された読書グッズ「サムペン」。そして、平野啓一郎の小説作品を一節から楽しむ「一節週めくりカレンダー」2022 数量限定再販。──

本日、小説家・平野啓一郎の机から生まれた3つのアイテムが販売開始となりました!

【3つの平野啓一郎オリジナルアイテム特設ページはこちらから】

1.【110部限定生産】平野啓一郎が愛用する「生産性手帳」2022 オリジナルカバーver.

手帳本体は平野啓一郎がずっと愛用し続けてきた「生産性手帳」そのままに、カバーのみオリジナルとし、平野啓一郎が1から生地と加工を選びました。
機能性抜群の「生産性手帳」を、シックで格調の高いオリジナルカバーでお届けします。厳選した濃紺の記事に載る革調の「顔」(木目デザイン)は1枚1枚異なります。お手元に届く1枚をどうぞお楽しみに!

【平野啓一郎より】
「僕がデザイン監修した、という主張は極力控え目ですので、どなたでも使いやすいはずです。まさか、愛用品の製作にこんな形で関われるとは!と喜んでます。ミニマルな手帳をお探しの方、コレです!」

★ 平野啓一郎が15年以上愛用している定番手帳
★ 愛用理由は「ひたすら薄く、軽い。余計なページが一切なく、見開きがカレンダーみたいで見やすい」
★ 平野啓一郎デザイン監修!初めてのオリジナルカバー。
★ 加工は、「ショパンの名刺」から着想を得て


2.【新発売】平野啓一郎が2014年に考案し、ついに商品化された「サムペン」

ペンが取り出しにくい移動中でも親指(Thumb)にはめるだけで線を引ける、メモが取れる。本の栞にもなる読書のお供グッズ「サムペン」。平野啓一郎が2014年に考案し、2021年、ついに商品化されました!
「ある男」は光沢の入ったグレー、「Matinee」は書影に合わせてイエロー・ブルーの2色展開です。

【平野啓一郎より】
「知る人ぞ知る(!)『サムペン』、まさかの復活です。ギターのサムピックをヒントに、僕が考案して、3Dプリンターで作ったもの。かつて、サイン会のプレゼントに配ったりしてました!」

【製造を担当した、ひとしんしさんより】
「学生の頃に平野さんからのご依頼でデザインをはじめたサムペンは、書き心地を求めて何度も試作を繰り返しました。当時販売までは至らなかったサムペンがコルクさんのおかげで発売できるようになったことをとても嬉しく思います」@hw_onakaitai

★ 移動中でも線を引ける、メモが取れる。新たな読書アイテム「サムペン」。
★ 本を閉じるときは、さっと栞としても。
★ 「ある男」光沢グレー、「Matinee」イエロー・ブルーの3つのカラーバリエーション。


3.【数量限定再販】平野啓一郎の一節週めくり カレンダー2022

平野啓一郎のさまざまな小説作品に登場した、印象的な文章の一節に触れることができる、文庫本サイズの「平野啓一郎の一節週めくりカレンダー」2022。10月15日までの期間限定販売(受注生産)でしたが、予備分としてすこし多めに作っていた分を僅かながら再販します。買いそびれてしまった… という方、ぜひお買い求めくださいませ。

【平野啓一郎より】
「拙作の心に残った一節を、読者の皆さんがネット上に引用されているのを目にするのは、いつも大きな喜びで、それを集めて週替わりカレンダーを作る!という企画が持ち上がった時には、照れ臭いような、しかし、欲しい人がいるのかなと不安なような、……という感じでした。が! 思いがけず大変好評で、第二弾が制作されることとなりました。しかも、若干、グレードアップして。
去年とは、また違ったフレーズをお楽しみ戴けると思います。お早めにどうぞ!」

★ 小説を読み返したくなるような一節を厳選しました
★ 平野啓一郎の小説15作の一節を掲載!
★ 2年目は仕様をパワーアップ!(180度本が開きます)


【3つの平野啓一郎オリジナルアイテム特設ページはこちらから】




9月1日に文春文庫から刊行した、平野啓一郎の長篇
『ある男』が3刷、重版しました。

これで単行本と合わせて累計20万部を突破しました!

2022年の映画公開も追い風となり、たくさんの方々が手に取ってくださり、感謝の念に堪えません。いつも本当にありがとうございます。
 




「愛に過去は必要なのか」という重厚なテーマを描きながらも、一気に読ませるミステリー要素もあり、平野作品に触れたことのない方にもぜひおすすめしたい一冊です。 英語版も刊行され、海外でも熱狂を生んでいます。

まだ読んでいない方、すでに読んでくださっている方も、今後とも『ある男』をよろしくお願いいたします!


無料試し読みはこちら
ある男』特設サイトはこちら
Amazonはこちら
映画『ある男』公式ホームページ 

【あらすじ】
愛したはずの夫は、まったくの別人であった。

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。 里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。
人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「ある男」を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。

第70回読売文学賞受賞作。キノベス!2019第2位。
2022年公開が決定している映画には、妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝らが出演。



Kindleストアにて電子書籍作品が一挙セールとなる「秋のKindle本ビッグセール」が、11/19(金)〜12/2(木) 開催されます。

平野啓一郎の著作から選りすぐりの4作を、いずれも500円以下(税別)に思い切ってお値引きしています。
ぜひこの機会にお楽しみいただけましたら幸いです。
 
▼ 対象作品 

①『マチネの終わりに』文庫版 
¥850 → 【¥425】(税別)


天才ギタリストの蒔野と、通信社記者の洋子。
深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。
「今世紀の最も美しい恋愛小説」と絶賛されながら、”芸術”というテーマも深く描かれたロングセラー。
いつまでも作品世界に浸っていたい…と、思わずにはいられない読書体験を。

※ 2019年11月 福山雅治さん主演で映画化(Amazon Primeでもご覧いただけます)
※ 2021年4月 英訳刊行



②【電子限定】『平野啓一郎タイアップ小説集
¥779 → 【¥389】(税別)



“油彩画家がイラストを描くような調子で、物語が、〝ひらめき〟の面白さに焦点化するように一点一点を仕上げました”(前書きより)

パリ、新宿、ガンジス川の畔etc. 舞台も時代も主人公も様々な、プレミアム・アナザーワールド!
平野啓一郎の普段の長編小説とは一線を画す、軽快な読み口。雑誌をめくるようにお楽しみください。

※ Kindle unlimitedにも入っています



③『考える葦
¥1600 → 【¥500】(税別)



『マチネの終わりに』、『ある男』執筆時、小説家・平野啓一郎が何を考えてきたのか?

文学とは、芸術とは、社会とは、「生きる」とは何か。
「混沌を秩序化する技術」、「初めて小説を書いた年齢」、「あなたといる時の自分」、「『カミナリおやじ』とは誰だったのか?」など、広範なテーマに亘る六十七篇の批評・エッセイを集成!


④『「カッコいい」とは何か
¥1000 → 【¥500】(税別)

“複数の人間で、何が、また誰が「カッコいい」のかと議論し出すと、容易には合意に至らず、時にはケンカにさえなってしまう。一体、「カッコいい」とは、何なのか? ”
”私たちは誰も、演技で鳥肌を立たせることは出来ないのである──”

人間にポジティヴな活動を促す「カッコいい」という力について、真正面から考え抜いた渾身の一冊。


以上4作、この機会にぜひお楽しみください!

平野啓一郎のKindle著作一覧はこちら。  

↑このページのトップへ