月別アーカイブ / 2020年02月

始業前、
コーヒー片手に書いています。


最近、よく耳にするプログラミング。
仕事で関わっているせいか、
ちょっと気になっている。


私が小さい頃は、
もちろんそんな科目はなく
羨ましい限り。

中学生の頃に
SEGAのプログラミング用キッドを買ってもらい
BASICでいろいろと遊んだ。
最初に取り組んだのが素数計算。
使えるメモリが数KBというから
できるだけスマートに短く作るのに苦労した。
それに加えて、
誰が見ても明らかなように
わかりやすく書くということにも注力した。
たかが素数に明け方まで没頭したのを
今でもよく覚えている。
以来、学校のコンピュータ部に入って
あれこれと作った。


おかげで、人並みに
論理的思考ができるようになったのかな
と思っている。

結論に至るまで、
何が必要で
それをどのように使い
最後に結果を
どれだけわかりやすく
見せるか。

プログラミングは
実に奥が深い。


カレンダー表示なんかいい練習だと、
二人の娘にも勧めている。
今ではExcelなんかで
手軽に作れるので。



とはいえ、
教育として学校で教えるとなると大変難しい。
扱う言語はたくさんあり、
目的に応じて選ぶことになるが
実際言語の作法を教えるだけでは不十分で、
重要なのは思考だからだ。
これを、従来の記憶・暗記など覚えることに
注力してきた教育現場で教えるというのは
大変なことだと思う。

もちろん、取り入れることには大賛成。
自分で作り上げるという
プログラミングの楽しさを
ぜひ教えてほしい。
現場の先生に期待したいと思う。


今日も、これから
ソースとにらめっこの1日が始まる。
私は楽しくて仕方がない。


IMG_20200224_123952.jpg
IMG_20200222_133924.jpg

2.22 大阪 心斎橋FANJ
Sugarpills初主催、
My First Stimulationに
行ってきました。

昨年7月の初ライブから、
これまで数々の現場を経て
ようやく迎えた初主催ライブ。

直前に新加入メンバーの脱退と、
波乱含みの出発になったが、
彼女たちに変な気負いは無かった。

心配していた自分が恥ずかしくなるくらい
ステージ上の3人は、すでに前を見ていた。

応援に駆けつけてくれた
グループのステージも合わせて、
1部2部それぞれ2時間半ずつ、
計5時間両部ともほぼノンストップで、
しかも激しい楽曲が多く、
私は後方でじっと聴いていた。
Sugarpills以外のステージも逃さず聴いたが
激しすぎて正直ついていけないグループもあった。


Sugarpillsのステージは、
1部の現体制でのパフォーマンスに対して
2部では、新体制ということで
ブラッシュアップした衣装に。(一番上の写真)

特に2部のステージは、鳥肌ものでしたね。
モモカ:アライヴさんの歌声は、他にはない
オーラを感じました。
また、最後の挨拶でモモカさんが発した言葉、
正直どう反応しようかと。
(もちろんここでは言えない言葉)
すべることを恐れないお強い心は、大物の予感です。


これからが期待される3人。

素晴らしい楽曲に巡り会えた
の奇跡を大切
がんばってほしいと思います。


それから、今回ようやく公開された音源が
大きなサプライズでした。
素晴らしい楽曲を作られている
作家さんのブログと共に貼っておきます。

Spotify



作家さんのブログ
Sugarpillsと僕|ATK #note 






ちなみに、出会いは
昨年の6月頃、Twitterだったか、
公開されていた楽曲に惹かれて
翌7月のファーストライブに行ったのが
その始まり。
まさに生まれたてのアイドルで、
子鹿のように震えているようにも見えましたが、
その目は、すでにっかりと遠くを見ていました。



SARD UNDERGROUND
プチハマりです。
生で聴きたくなりました。


↑このページのトップへ