月別アーカイブ / 2018年12月

最後はこのグループです。
エビ中こと私立恵比寿中学。

出会いは、2017年5月のMステ。
これがアイドル沼への入口に。

名前は知っていたものの
当時アイドルが大嫌いだったので
気にも留めていなかった。
というか、聴く価値もないだろうと。
なんでMステに出るんだと。

アイドルといえば、
短いスカートはいて、人に肌を見せて、
大して上手くもない歌を歌って、
人を欺くような作り笑顔を振りまいて、
それのどこがいいんだと。
(卑屈なヤツですよ)

その時までは。
これを見るまでは。

その映像がこれです。
出会いの歌はこの曲、
なないろ です。


あの時の感情は、
説明できないんだけれども
このグループの曲は
全曲聴かなきゃと思った。
ライブに行ってこの目で
見たいと思った。
アイドルが嫌いなはずなのに。

ちょうどこの年、寒い冬の2月、
メンバーの一人が静かに旅立った。
彼女が教えてくれたんじゃないかな、
そう卑屈になるなよと。
自分はそう思っている。


前の記事で、BiSHとの出会いが
DDの始まりと書いたが、
実はエビ中との出会いが
すでにそれを予感させていた。

良いものは良いと素直に認める。
好き嫌いではなく、
そこに光るものがあるのであれば
真摯な心で向き合えと。
旅立った彼女がそう教えて
くれたんじゃないかと思う。

私立恵比寿中学は、私が
最初に出会ったアイドルです。

以来、こうしてブログを書き
SNSを通していろいろと
仲良くしてもらえる仲間もできた。
これまでは考えられないことだったが
現場にも足を運ぶようになり
気がついたら大金をつぎ込むまでに。


今年は、年始から周りのことを考えず
欲求に忠実になりすぎて
ちょっと暴走した感もあった。

だから来年は、少し抑え気味にいこうと思う。
現場はファミえん一つに絞る。
それ以外は外野から応援です。
(現時点では、、、です🙄)

とりあえずイベントがある度に
SNSが賑やかになるので
通知関係をすべてOFFにした。

そうでもしないと、
居ても立っても居られなくなるから。



さぁ、来年のファミえんは
どこであるのかな〜



次はBiSHです。
このグループとの出会いは、
昨年10月に行われた
私立恵比寿中学とのツーマン。


その時はまだエビ中のファンになって
(正確にはアイドルヲタになって)
間もない時で、他のアイドルになんて
気持ちが向かないそんな時。

ツーマンの現場には行きませんでしたが、
でも、エビ中ファミリーが賑やかになっていた
ので、気になっていた。
対バンということで、SNSには
エビ中圧勝という文字が
踊っていたからだ。

当時のBiSHは今ほど知られておらず
私もエビ中ファミリーとして
エビ中のほうが凄いに決まってる、
そう思っていた。

でも、その思いは簡単に打ち砕かれた。
Youtubeで見つけたこの曲に。
まさに衝撃の出会いでした。


一発で虜に。
そのサウンドと、ハスキーボイスの
アイナ・ジ・エンドに魅了される。
初見で泣いた数少ない曲の一つです。


エビ中圧勝どころか、手強いライバルだなと。
いや、うかうかしていると追い抜かれる。
当時まだ無名だったBiSHに
底しれぬ恐怖を感じた。
しかし同時に、彼女たちに魅了されて
しまった自分もいた。

エビ中一筋で行こうと思っていた
私でしたが、、、
これが、DDの始まりです。

オーケストラ。
今もお気に入りの定番です。


ちなみに当時の記事です。
慌てている感じがわかります。





ロッカジャポニカに続いて
次は、ベイビーレイズJAPAN。
新しい出会いの順に書いています。


アイドルを追いかけるようになって
間もない私が言うのもなんですが、
最強のアイドルだと思っています。

アイドルとして隙きがない。
表現が変ですが、
そんな言葉がしっくりくる。
きれい、かわいい、かっこいい、おもしろい、
そして、うまい。
おまけに楽曲もエモいときたら、
もう非の打ち所がないじゃないか。

と、褒めるときりがないのですが、、、


そうそう、出会いの歌でした。
それは、
僕らはここにいる
です。

これもエビ中ファミリーに勧められ
Youtubeで聴いたのがことの始り。
これが映像です。


エモーショナルな楽曲、
パワフルな歌声に
鳥肌がいつまでも消えない。

アイドルじゃない!
それが最初の印象。

楽器をやっているような輩は
ひとたまりもありません、
この手のサウンドには。
気がついたら、楽曲を買い漁り
彼女たちの虜に。


今年は突如の解散で
ファンを驚かせましたが、
というか、私はなかなか
立ち直れませんでしたが、
最近ようやく落ち着いてきました。


とは言いつつ、、、
もう一度、虎ガー虎ガールと一緒に
彼女たちの歌声に酔いしれたいですね。

解散ライブが最初で最後になるなんて
思いもしなかったですから。


再結成なんてないかなぁなんて
密かに思ってます。












↑このページのトップへ