月別アーカイブ / 2018年09月

今日の仕事場は四国。
瀬戸大橋を走る電車に揺られながら
山中湖を振り返る。

(このMV最後のライブ映像は、24日山中湖の映像です)


ライブすべてが最高の時間だった。
幸せな時間だった。
全力の全虎、それに応える5人。
会場の一体感、それは凄まじい。
そんな会場の雰囲気に圧倒されつつも、
私にとって特に好きな曲、
その一曲を待っていた。

もちろん全虎にとっても大切なこの曲。

夜明けBrand New Days

主だった曲も歌い尽くし
ライブも終盤に。

いよいよかなと思っていた。

通常、ギターのフェードインで
入るはずのイントロ。
しかし、、、

ステージ中央に集まる5人。
何だろうと思っていると、
静かに始まるアカペラ。

え? っという会場。

アカペラでサビから入る歌いだしだ。
その瞬間、鳥肌がたち、涙が溢れる。
大粒の涙が。
あとは記憶がない。
コールもままならない。

ただ、これだけは逃してはならないと
メロディーを必死に追いかける。
最後のイェッタイガー。
本当にこれが最後だからだ。

すでに枯れた声を振り絞る。

このために山中湖に来たと言っても
過言じゃない。

これで全てが終わった。


あの時、あの場所、あの景色、
そして彼女たちの清々しい笑顔は
決して忘れないだろう。


ベイビーレイズJAPAN

あらためて、ありがとうと言いたい。






文字通り最高のライブ。
この一言に尽きる。

彼女たちは、あらゆることに恵まれた。
そう実感したライブ。

才能に
楽曲に
スタッフに
ファンに

IMG_20180924_150343.jpg
IMG_20180924_150337.jpg

それにしても、、、
前も後ろも右も左も野郎ばかりやないか!

もうね、凄まじいコールに圧倒されて
最初から思いっきりビビる。

でも、今まで経験したことの無い一体感が
最高に気持ち良かった。

知らず知らずのうちに自分も叫んでしまう。
家虎も思いっきり叫べた。
で、案の定声枯らす。
で、予想通り涙腺も崩壊する。


席は、二鷹中央。
メインステージからは遠いものの、
実は、三茄子の間の黒いところが
サブステージ。なんと目の前だ。
至近距離で5人を拝めた。

IMG_20180924_182954.jpg


もう書きたいことは山ほどあるが、
これから9時間の運転が待っているので、
ここまでとする。


が、最後に、

再結成してほしい。

虎ガー、虎ガールの思い届け。




とりあえず、
最低限のグッズを揃える。
Tシャツ、タオル、リストバンド、
それから、特典付チケットの特典(アルバム)
IMG_20180924_110551.jpg

そろそろ開場。
天候も最高だ。

IMG_20180924_110356.jpg

長丁場の前に腹ごしらえ。
IMG_20180924_113339.jpg




↑このページのトップへ