月別アーカイブ / 2018年08月

仕事では珍しく
西向きの新幹線に乗り込む。


鹿児島行きのさくら。
座席が横2列+2列。
グリーンのような普通席。

そう言えば、どなたかが
書いてたなぁと思い出す。

快適快適。

姫路から2時間。
ベビレの曲聴きながら一休み。


9.24に向けて、予習予習。



しつこいほどベビレについて書いている。
自分でもおかしいと思う。


歌詞があまりにもいい。
人生をステージと歌うところがいい。

今の自分と重なるからなのかもしれない。
胸がつまる。


ベイビーレボリューション

ベイビーレイズ
作曲/作曲:塚本けむ

自分を信じること
疑い続けて
ここまで逃げてきたよ
傷付かないこと
それが大事なら
別に不便は無いんだ

少しだけ走ってみせて
これくらいが潮時なんて
強がったっていらん努力
駆け抜ける痛みと
覚悟に目を背けないで

もがけ
ぶち抜いてけ ぶっ壊してけ
一度きりの人生(ステージ)で
限界とか運命とか
知らないクセに言うもんじゃない
ぶち抜いてけ 擦りむいてけ
嵐の夜が明けたら
世界がもうちょっと
愛しくなるんだ

与えられた席
これが全てと
思ってた昨日の自分
知ってしまったんだ
夢を見ること
それが夢じゃないこと

戻れない幼い日と
変われないもどかしさに
さよならを告げるよ
失うだけじゃないから
信じたこと 隠さないで

もがけ
ぶち抜いてけ ぶっ壊してけ
一度きりの人生(ステージ)で
まあまあだねこんなもんかな
そんな結末はゴメンでしょう
ぶち抜いてけ 擦りむいてけ
涙と雨が晴れたら
僕らはまた
強くなれるんだ

ぶち抜いてけ ぶっ壊してけ
一度きりの人生(ステージ)は
望んでもそうじゃなくても
やがて幕が下りるから
ぶち抜いてけ 擦りむいてけ
永遠の優等生なんて
もうごめんだ
こんな世界を

ぶち抜いてけ ぶっ壊してけ
一度きりの人生(ステージ)で
エンディングのラスト1秒
燃え尽きるならその瞬間
ぶち抜いてけ 擦りむいてけ
嵐の夜が明けたら
世界がもうちょっと
愛しくなるんだ



ライブバージョンもエモい。

↑このページのトップへ