IMG_20200325_070743.jpg

久しぶりの投稿ですか、
安本さんの復帰ニュースに
とても嬉しく

この数日が
とても嬉しく

久しぶりに書きたくなりました。

朝の7時。
冷たい空気
でも済んだ空気の中

君は君なんだよ
代わりなんて
誰一人いるはずないから

あの歌詞が耳に飛び込んできて。



また、見ることができる。
6人を見ることができる。

あー良かった。
本当に良かった。

ただそれだけを言いたくて
書きました。


面白そうな動画を探していると、
いいものを見つけたので紹介。

ちょうど受験シーズンなので。


集合論は、高校生のときに興味があり
だいぶのめり込んだなぁと。

矛盾さえなければ、
自由に定義し、
論理を組み立てられる、
お遊びのような学問。


昔、友人と東大の過去問を
あーでないこーでないと解いていた
高校時代が懐かしく思い出された。







始業前、
コーヒー片手に書いています。


最近、よく耳にするプログラミング。
仕事で関わっているせいか、
ちょっと気になっている。


私が小さい頃は、
もちろんそんな科目はなく
羨ましい限り。

中学生の頃に
SEGAのプログラミング用キッドを買ってもらい
BASICでいろいろと遊んだ。
最初に取り組んだのが素数計算。
使えるメモリが数KBというから
できるだけスマートに短く作るのに苦労した。
それに加えて、
誰が見ても明らかなように
わかりやすく書くということにも注力した。
たかが素数に明け方まで没頭したのを
今でもよく覚えている。
以来、学校のコンピュータ部に入って
あれこれと作った。


おかげで、人並みに
論理的思考ができるようになったのかな
と思っている。

結論に至るまで、
何が必要で
それをどのように使い
最後に結果を
どれだけわかりやすく
見せるか。

プログラミングは
実に奥が深い。


カレンダー表示なんかいい練習だと、
二人の娘にも勧めている。
今ではExcelなんかで
手軽に作れるので。



とはいえ、
教育として学校で教えるとなると大変難しい。
扱う言語はたくさんあり、
目的に応じて選ぶことになるが
実際言語の作法を教えるだけでは不十分で、
重要なのは思考だからだ。
これを、従来の記憶・暗記など覚えることに
注力してきた教育現場で教えるというのは
大変なことだと思う。

もちろん、取り入れることには大賛成。
自分で作り上げるという
プログラミングの楽しさを
ぜひ教えてほしい。
現場の先生に期待したいと思う。


今日も、これから
ソースとにらめっこの1日が始まる。
私は楽しくて仕方がない。


↑このページのトップへ