月別アーカイブ / 2007年03月

今日はドイルのお家の床材を、交換しました。

家ではフォレストバークという床材を使っております。
100%天然モミ樹皮を使用。
保湿効果が良い感じです。

実際これを使うようになってから、湿度40%~60%で落ち着いております。

ってな感じで、床材もたまに交換しないといけないって訳さ。

匂いが強くなったり、粉っぽくなってきたら交換の目安です。


ドイルは、お風呂にも入ります。
家では、3~5日に一回のペースで温浴させてます。

水分補給やら便秘の防止やら、色んな効果があります。

しかしながら、ドイルはスクスク育ってるなぁ~。
調子は良いと、甲羅に艶が出るんですが、ご覧の通りツヤツヤです。





あと、日よけ用のシェルターを買ってあげたのですが、全然入らないのでオブジェになりました。






ドイルの主な餌は、小松菜、チンゲン菜、サラダ菜、モロヘイヤです。
たまにサブ餌で、キュウリ、レタス、サニーレタスなどを食わせてます。

レタスは栄養が無いものの、水分がたっぷりあるので、水分補給の効果で与えてます。

色々食べさせた方が、食い飽きも無く、バクバク食べます。

これはチンゲン菜を、むさぼり食っているさまです。





食べるのに没頭し過ぎて、後ろ足はこんなです。






そしてリクガメをこれから飼う方には、この参考書がナチヒー的にお勧めです。



「リクガメ大百科」です。






次は基本的な、飼育システムを紹介します。

ヨロシクちゃん!!!


リクガメのマーフィーくんを今日ショップに引き取ってもらいました。
マーフィーくんは生まれつき体が弱い子でした。

最初に体調を崩したのは半年くらい前。
突然目が開かなくなりました。
とりあえず、すぐに獣医さんに診てもらったところ、元々弱い体質みたいな話でした。
ビタミン注射を5回くらい打って少し調子が良くなったので、そのまま飼っていたのですが、
最近また目が開かなくなました。
もうこのまま飼っていては可愛そうになり、ショップで引き取ってもらう事を決めました。

家にはもう一匹ドイルというカメがおりますが、そいつはメッチャ元気でグングン成長してるのになぁ。

まぁ引き取ってもらったショップさんは、専属の獣医さんもいらっしゃるみたいなので、安心です。

ちょっと寂しいですが、元気になってくれると良いなぁ。

いっや~、ビューティフルサンデーを皆さんいかがお過ごしでしょうか?


ワタクシは水槽のメンテナンスをやったりましたよ。
では、水槽の日頃のメンテナンスはどうするのか?ね。

まずは水質の管理。つまり水換えです。
水換えによって、硝酸塩が蓄積されるのを防ぎます。

家の場合は、3日に1度、水槽の1/3の水量を換えてます。

硝酸塩濃度が高くなると、魚の健康に影響を及ぼします。病気をしたり、餌食いが落ちたりします。
あとは、苔も発生しやすくなっちゃいます。
苔は硝酸塩が大好物なので、どんどん発生しちゃいますよ。ほっとくと。

実際ヒナ水槽でも、発生します。まぁ掃除すればすぐ落ちる程度。
カミハタの殺菌灯を入れてからは、苔掃除の頻度が減ったかも。
殺菌灯入れると飼育水の透明度は、断然良くなりますよ~!!

普通は殺菌灯は海水魚に良く使われていますが、淡水もあり!
淡水魚の場合は主に飼育水の透明度を上げるために使われております。(まぁ病気を防ぐなどの効果もあるみたいですが)

まぁ水換え&苔落としはこんな感じ。

あとは、ろ材の洗浄です。
ひなっちの場合は、3ヶ月に1回くらいでやっております。

外部フィルターの手入れは、水槽から外して外に持って行って、おもっくそ振り回しながら中に入っている水を流します。メッチャ重いですが、我慢してシェイクシェイクです。

上部フィルターは、ろ材を取り出し、でっかいプラケースに入れて飼育水を流しながら、手でかき回して排水します。
気をつけるのは、かき回し過ぎるのと、必ず飼育水で洗浄するということです。
かき回し過ぎると、せっかくろ材に付いたバクテリアが、落ちてしまいます。
それと、水道水で直接洗ってしまうと、バクテリアは瞬時に死滅してしまいます。
水道水に入っている塩素が、バクテリアには致命傷になります。まぁ魚にとっても、もの凄く良くない訳ですわ。

まぁこんな感じっす。

要するに、ろ材を洗浄するのは飼育水の流れのつまりなどを防ぐためです。
ほっておくと、水流が落ちて、バクテリアの活性が低くなり、飼育水が汚れてしまうって事です。


あとはウールマットの交換とかです。
まぁネットで調べてみよう!!おう!!


よし。


今日はせっかくお手入れしたので、お魚達の写真を載っけまーす!!!


キクラテメンシスと仲間達




ダトニオ




もとろうとモト子




もとろうとモト子2




モト子アップ




トロピカルジャイアントガー



次回は水換えをもうちょい詳しく説明します。

ペイーッス!!!




↑このページのトップへ