今晩は

月城ひまりです

誰かにとっての新しい始まりも
誰かにとっての繰り返しだとしても
全てが未来へ繋がると信じています
先ずは自分が信じなければ
何も始まらないと思うのです
表現することを愛しています
言葉で伝えること
身体で現すこと
一生懸命生み出された事象たちは
とても美しくて
私もそうなりたいと
立ち続けるのです

汗を流しても
涙を流しても
血を流しても
誰かに気付いてほしい
届かなければ虚しくて
伝える術を 探し続けるのです

それでも迷います
ずっと振り出しに戻る感覚を
何度も味わいます
身体がぼろぼろになっても
声が枯れても
目が開かない時でさえも
それでも進み続けたいと願いながら
迷います

けれどそれでいいのです
一生懸命やった先を後悔することは
無いのです
今日も 明日も
十年後も私は
一生懸命在ると信じます
形が変わっても
時代が変わっても
その中で懸命で在り続けられる
明日を作れる様に

またね
see you again.
よい夢を

今晩は

今はのんびりマクロスを聴いています
月城ひまりです

5月13日 舞台「魔界」
本編復活の69回目が終幕致しました

13日の金曜日 雨の中
観に来てくれて、応援していてくれて、
本当に本当にありがとう
客席を通る演出もあったので
皆んなの顔がよく見えたよ

ひま演じるペルセフォネ
冥界の師団長ということもあり
最強のキャラクターですが
ひま自身がこの通り
数を熟さないと自信も勿論スキルも無い
立ち方や仕草、表情全てに
分かりやすく出てしまうたちなので
お稽古が始まってから本番までは
自分との闘いでした



アクションの多かった今回ですが
ひまよりも先に出演していた
プロデューサーのリッPさんからは
「アクション稽古は別日でやるからね」と
教えていただいていたので
戦闘のシーンはあまり考えなかった全体稽古日
突然動いてみてとの指示に
まるで足に根っこが生え動けなくなってしまい
その日の帰り道は
大袈裟ではなく絶望でいっぱいでした

アイドルを始めた数年前
兎に角自信が無くがむしゃらに模索した頃
自分と真向から対峙しないと
何も出来ないんだったということを
改めて思い出し
じゃあ兎に角練習しなきゃ
何か引き出しを作る為に
色々観て触れなきゃ と
監督さんに教えていただいた映画を
夜な夜な観たり スタジオへ入る日々でした



それからまた新たなシーンのアクション稽古
CROWとの戦いに入りました
人と肉弾戦を人生でしたことが無かったので
相手との間合いも
受け身も
戦う姿勢も分からず
最初はお魚咥えた
ねこちゃんみたいだったらしいです

お稽古の帰り道は
「ナルトも、ルフィも、みんないっぱい練習して、戦って、強くなったもんね... ジャンプ精神だょ・・」と
自分に話しかけていました




そんなこんなで身体は人生でいちばん
痣をつくり 声もハスキーになりました

当日
何故か会場だとお稽古よりも
リラックス出来た気がします(暗いからかな)

本番までは動画を見直して
色々考えたり
身体を整えたりでしたが
始まるととても楽しかったです

その後は特別イベント
観ていてくれたあなたにとっても
ハードな一日だったと思うんです
けれどひまは
逢えてめちゃくちゃホッとして
もっとお話しもしたかった気持ちもありつつ
素敵な一日になったよ
あなたは どうでしたか🌷



本番まで分からない
予告動画や次回のメインビジュアル
ペルセフォネが入っていて
ふぇ〜ん( i _ i )ってなりました
次回は0715 頑張ります
ペルの予約情報は待っていてくださいね


その後はヨーロッパ遠征
出来ることがあること
本当にありがたいです
自分がどうなっていくのかは未知だけれど
素敵なものを届け続けていける様
どんなことでも一生懸命臨んで行きます



読んでくれてありがとう
逢えない期間も色々発信していくね💌
あなたが元気でいてくれることを 願っています

ではまた
see you again.

よい夢を

今晩は

ひまりちゃんの刀です
ぼくとひまりちゃんは
数ヶ月に一度 みなさんの前へ出ます

今日もひまりちゃんとぼくは
練習をしていて
ひまりちゃんはついこの間
全然ぼくを使えなくて
しょんぼりと帰る帰り道でした
それから
何から始めれば分からないひまりちゃんは
刀の映画を観たり
その映画の子みたいに
振ってみたり
ぼくを縛ったり
ぼくを投げたり
色んなことをしました

ひまりちゃんは泣いたり
おうちでひとり話しながら
また泣いたり
大変な子だな〜と思うけど
本番は
格好良いぼくたちだと良いなあ
と、思っています

明日もひまりちゃんはライブの前に
お稽古があるらしく
パニックでしたが
きっと大丈夫だと信じています

13日、頑張ろうね、ひまりちゃん

ではでは
このあたりで
よい夢を

↑このページのトップへ