月別アーカイブ / 2020年02月

過去の記事読んだら自分に厳しすぎてワロタ
そりゃ治りませんわ!!
だいぶ甘いですからね今 でも甘かろうが厳しかろうが状況は変わらないんですよね だったら甘やかして寝かしつけて治すべきでさ
治療治療…と頭を悩ませていた頃と比べて、そもそも一旦色々全部忘れる、という能力を身につけたら、かなり進展あり 結局はキャパシティの問題なんですかね その場で自分が抱えられる問題のキャパ とにかく持たない努力 別に放棄した訳じゃなくて、手に持たない事で

まあいいか…!
実は根性論者だった私はもういないのです
それはそれで寂しくもありますけどもね まあ しょうがないもん!常に自分を罰してないとダメみたいなの、蓄積するとは知らなかったんだもんな!
ガタはくる 20代後半になるとくる確実に
今はなんというかもっと自分の感情や記憶の引き出しが整頓されてない事に寛容なんだよね
不思議…
病気の前の自分に戻る気もないしそういう治り方しないよね鬱病って
何かが確実に変わる そんな感じ



今日はなんかフワフワだな

日暮どき、日中ある程度精神的に安定していても確実に、日が暮れる瞬間、泣きたくなり苦しくなる。まあ具体的にはジワジワとヒステリー球で喉が詰まり、胸が苦しくなり、漠然と自分の置かれた状況に対して、"死"を感じて泣きたくなる感じというか、砂漠における突然の夜よのうな感じで、重度鬱が治って1年も、これにだいぶん悩まされていました。
そうだ、本当に重度鬱というものは恐ろしいんですけども、今となってはその頃の事が殆ど思い出せないんですよね。記憶が結構、スッポリと抜けている。思い出そうとしても、それを自分が体験したとは思えない…そんな感じなんですが。
なんか重度じゃないな自分、寧ろ感情生まれたな、って感じたのが去年3末てなわけですが、診断の状況はそのまま"うつ"です。てか先生、結構適当だよね…ちょっと最近思ってきました。
去年の悲しい事とかは全部思い出せます。本当に悲しかったし苦しかったけど絶対に重度鬱とは違う…。
しつこい!そんなんじゃねえんだ。
サインバルタ先生ですよ。
_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0897.JPG
ちくしょう!相変わらず夢かわいい病みかわいいみたいな色しやがって!
そう、重度鬱の時に処方されてたんですね。一時期。これが凄くて、
完全に負の感情がなくなる
んですよ。というか、負の思考をもっていたとしても、行動を取っていたとしても、胸が苦しくなったり悲しくなって死にたくなったり涙が出たりヒステリー球が出たり、など、しないんです。
今でこそ結構助かってます。陰陽で感情があるので。ただ久々、1週間くらい飲んでるとバチバチに効いてくるんですけども、うわー!怖えなー!と思い出して今に至ります。
重度鬱の時は負の感情というより虚無というか…、せん妄などにも苦しめられましたし、基本的な希死念慮みたいなものはよくわからないんですけど、ベースにありすぎてもうわからなくて、衝動的になることすらないんですよね。若干躁に入ってたりとかだと違うんですけども。
とにかくそんな所に感情が無になる薬を入れたらどうなるかって…恐ろしい程の無でした。明確に虚無が鮮明に見えた感じと言うのでしょうか。虚無の解像度がエグいこと上がってしまい、更に苦しみもないので、うわー!こいつはいかんな!と思いました。治療じゃないですこんなもん。多分シャカリキに働いてる時などの鬱にこれ入れたらずっと働いていられるのかもしれないなと思いましたが、どう考えてもそれっていきなりプツンといきそうじゃないですか。私は治療したかったのでこれは違うと思ってやめました。あととにかく思考が鈍っていて、この鮮明さに耐えられなかったのもあります。
今はまあそこそこに頭も回るようになってきたので、このサインバルタという薬に対してもう少し理解を深めていこうと。
セロトニン再取り込み阻害薬、つまり脳内のセロトニン濃度を上げる訳です。んで、私はストラテラ というノルアドレナリン再取り込み阻害薬も飲んでる訳なんですが、ざっくり、ざっくりと自己解釈で、セロトニンは明度、ノルアドレナリンは強度、みたいな軸です。ただ、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬は、ノルアドレナリンを出さないと濃度も上がらない訳で…長らく朝起きたらすぐに薬を飲んでSplatoonをやってましたが、あれで刺激されて出てたんですね〜(ノルアドはストレスや運動から出るので)。
んでまあ…今少々うつ状態なのでサインバルタを入れてるんですが、この、なんでしょうか。
この苦しみのない感じ、怖いですし、ほんでもって、別に現状がよくなる訳でもないんですよね。
その辺は努力ってことで…ってかやる気か…。
まだサインバルタとどう付き合えばいいのかわからない状態なんですが。
わからん…わからんけど確実に楽…でもこのロボトミー感…大丈夫だろうか。
しばし続けます。

↑このページのトップへ