月別アーカイブ / 2019年07月

医者と薬の話ばかりなので注意

もうそんだけ 本当マジ無理 マジ無理だから
ただ体の調子が悪くなるだけの夏じゃん 死ぬじゃん 死にたいのか死にそうなのか見分けがつかない辺りが元大うつ病患者という感じがする
大声で死にてぇー!と叫びたい まだまだ元気です ただそう叫ぶ訳にもいかないので 検索とかしちゃう 死にたいと検索欄に入れるとホットラインが出てくるけどうるせぇーーー!!!死ねーー!!!という気分になるわけよもう 粛々と自分の鬱に飲み込まれてえんだ 下手に弄るんじゃないよ と そう思う
令和もまだ数ヶ月なのに何千人と自殺者が出てますな 段違いで東京が多い
ネガティブな情報に連鎖されて とりあえず深海までおちたい
元 元うつ病です ううわからん…勝手に治ったと思い込むなど周りから言われてる 医者からも治ったとは言われてない でも元気に仕事してる 周りから見たらまだまだ危ういんだろうか
多分私の周りの人は私よりも何人も自殺で身内や友人を亡くしてきてて そんで言ってるんだからこの意見は信じる他ないかなと思う よく治りたてが死にやすいとは聞いている 躁って死ぬからな
医者とか 今まで考えたことなかったけど 来なくなった奴ってめっちゃ多いだろうな その何割かは自殺してんだろう
見えないところで死ぬのにデータ取れるんだろうか やっぱり自殺とかしたらかかりつけの医者に一報入るのだろうか わからん でも毎日毎分病んでる人間見てて おかしいのはこの人もだなとは思う なるべく忘れるようにしてるようにも見えるが 良い先生だ しらふで精神科やってるやつなんか居ない
そういえばうちの病院はかなり特殊な精神病院のポジションだなと思う 階段きついし ここに通うにはここに通うだけのヘビーな理由があるなという 待合室もそんなオーラでやばい
ていうか待合室が狭い 椅子も少ない かなりホスピタリティ低い 選別されてるのか 他の病院30秒診察だしな
前の病院で自傷の気があると相談したら前のめりで入院しますか!?それは入院ってことになりますよ!!と脅されて たいしたことないですと言った記憶 あの医者マジでヤブいし薬も監査の話ばっかりしてくるから本当にしめられてほしい 1Fの薬局の人が愚痴言ってるくらいだから相当なんだろう
まあ私はそんな病院に通い続けて悪化してった訳だけど もう何年前だろう 3年か まる3年通ったか ってことはヤブに3年通っちゃったか その前の医者も微妙だったな 静岡にいた頃3年くらい通ってたとこがまあよかった その前の医者は更に最悪だったな 14歳にあんなにヤバい薬ホイホイだしまくって更に診察はしないという 断定だったな〜
発達疑い出してくれた今の病院がなければ うつ病は多分もっと酷かったし ここまで頑張れなかったというか 絵描いてるどころか生きてるかも微妙で 絶対に東京にはいれなかったと思う

まあ オチはないんだけど こう メンタルやってる時ほど自分を追い込む癖があるので
ダメっぽそうなら寝るっきゃないということです
最近レキソタン抜いてるから忘れてたけどレキソタンとかいう最高の友達がいるんですよねえ

のような体験をした人は多いのではないかと思う。そんなに多くないか。

今日は弱音が多いので注意。

第三者視点から自分を見るような、そんな感覚で、幻覚のような幻聴のような、思い込みの言葉が自分から浮き出て止まらなくなるような感覚だ。妄想の一つで、これは止まらない。私の場合はツイッターのアカウントが沢山あって、その全てが私の死を願うというものだった。そんな感覚が支配して、死ななければ…とは思うものの、死ぬ気力がなく、自殺未遂をするのはいつも決まって元気がいいアルコールを摂取している時だった。最近はこれ、なくなってきてる。
これはアル中じゃないのか。底つきまでほっといていいのか。今なるべく控えてるけど、なんか泥酔して怪我してる事多いし。
吾妻先生の失踪日記の他、逃亡日記というインタビュー形式の本があるが、あっちの方が断然エグい。やっぱり死に場所探してたんですね。
どうしても私は自殺の描写を細かく描けないので、いや描けるけど全然、余りにリアルだし真似されても気持ちよくないので。しないか。
また最近もたまに吊ってるみたいだ。健康の裏に隠れて突然顔を出す不穏だよ。
うつ病って治らないのかな。治ったと思ったが最後、勢いがついて死ぬ気がする。
そんな感じで、体調がいいなと思う日は気をつけている。気分がいいな、余裕があるな、と、日暮れ前に全部やってしまうと、そこからソワソワとして、酒やるか…酒か。今は酒だな。酒、もう飲みたくないんだけど。んで、ラリってくる。酷いと血みどろになるし、最悪吊る。
描くのは、とてもつらい。楽しい事もあるけど、だいたいはつらい。なんでこんな辛いんだろう。
ステージは楽しい。一瞬束の間のパフォーマンスに向けて頑張るのはとても好きだ。ただ、絵を描いてアップするというのがとんでもなく内向的行為で、自分の中の自分を見つめてしまって苦しいのだ。
それが苦ではなかったのは、なんでなんでしょうね。信念が汚れてなかったから?記憶を全て保持していようとしすぎるのか、筋の通っていないことが嫌いすぎるから、自分が嫌いなのか。
理念が、大事なんだよね。理念なき本能は死。
もっと理屈で死を見つめていたはずなのに、自分が弱くなっちゃったら途端に、内面の死の恐怖が襲ってきて、何故か自分で死ぬ方死ぬ方に進んでいっちゃう。
理屈で生きてるんだよな。
その理屈が一寸でも崩れるとだめなんだよ。
完璧主義者の人は何処かで死にます。本当の完璧主義者の人が生きていられる訳がない。
完璧じゃなくていい、ってとこなんだけど、自分の逃し方がわからないから詰む。アルコールだったり薬だったり、もっと自分から瓦解してけばいいけど、外的要因から自分を壊して完璧じゃなくなろうとするからいかんのよね。結局認知療法でしか人は治れないんだろうか。
認知療法って独学じゃ難しくて、私は気付かずやってたけど、時間と根気とテクニックが必要なのです。そもそもなんだよ認知療法って。
認知の歪みを正すっていう、ちょっとオカルトっぽいけどそういうやつ。
つまり、こうやって私が文字にして書いて、自分の切迫感は被害妄想でしかないってことを認識する、これも認知療法なんですなぁ。

本当かな。言い聞かせですよこんなもん。
私は入院した事がないからあんまわかんないけど、あんまり治療してくれないんだってね。閉鎖。もう集団生活優先って感じなのかな。精神を完全に癒す病院があったとしたら、それはリゾートホテル並の設備になっちゃうらしい。はー。
睡眠薬で眠れてるだけまだマシだなあ。最近効きが悪いけど。
入眠していく過程だけが人生の楽しみみたいな。
最近いいこといっぱいあったから、生きてる罰みたいな苦しみも多いなあ。
もっと外に見聞広げられないものだろうか。

何せ断捨離である。とにかく捨てる。捨てまくってる。捨てたり、買ったり、仕事したり、たまに運動したりしてる。聞こえはいいけどどうなんだろう。
不安ばかりだ。
生きていてすんませんと、思いつつ。
生きていたい。死なんぞ。絶対に死なない。

ヤーズフレックスを飲み始めた 生理痛もなければ生理もないぜ。やったな。勝ちました。勝利。
いつもならそろそろダメになってくる時期だけど、今月はそれが来ない。来ないので、時間がある。凄いことですよ、これは凄いことです。なので何か立ち尽くしてしまってます。
毎月10日間生理で無駄にしてきた。猛烈な眠気で寝たり…泣いたり…暴飲暴食したり…痛みにうちひしがれていたり、そんなんが月の1/3もあるんだから、そんなもん本当にクソクソのクソなんですよ。
10日間、時間が増えた。いきなり。なので、使い方がわからなくて狼狽えている。
働けばいいじゃん、ってそんな。そりゃ働きますけども、いや、いきなり人生で時間増えてあなたすぐ働こうってなります?
てか逆に、何だろう…PMSが辛くて連続した仕事に就けなかったりもしたもんなあ。なんだろう、もっと早く出会っていれば感。
ただ毎月病院は欠かせない訳で、まあ…精神科と婦人科くらいは毎月行くのはやむなしだ。薬局のお姉さん瞳が綺麗だから見に行くくらいのつもりでいよう。
時間があるからって時間の使い道が上手いわけじゃない。とりあえず洗濯とか掃除とかしてみるわけ。すごいよね、出来ちゃうもんね。
月10日分逆になんだったんだろうね…人生…。
1年は飲んでみようと思う。これで活発になれたらいいなあ。 既に今日とかだいぶテンション高いけど。 んあああハイテンションという沼にハマらないようにしなければ。

考える時間が増えたらいいなあ。こん詰められる時間が増えたらいいなあ。自炊する時間が増えたらいいなあ。事務やるメンタルの余裕できたらいいなあ。

てか毎日の眠気の波が平坦だ。凪いでいる。 いいのかな?いいんですか? こんなこと享受しちゃっていいんですか?こんなお得な事あるんですか?詐欺じゃないんですか?
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6848.JPG
ロサンゼルスでライブペイントしてきた。気候が超合ってる。また行きたい。

↑このページのトップへ