月別アーカイブ / 2017年07月


1978年の夏 江古田マーキーで生まれた
「幼虫の危機」
「プヨプヨ」

39年ぶりのステージに立つヒカシュー。

井上誠もかけつけてくれる。
http://www.marquee-e.jp/
7月22日(土)江古田マーキー
ヒカシュー~「幼虫の危機」から39年~ 
開場18:00 開演18:30
前売¥4000 当日¥4500 ドリンク代別
前売発売 店頭 5/6(土) 17:00~、 
ローソンチケット 5/6(土) 10:00~ (Lコード 71554 )

幼虫の危機チラシ1977.jpg


IMG_3937.JPG
 

2017年ヒカシューNEWアルバム「あんぐり」が10月10日発売決定!
それに合わせて、東京吉祥寺Star Pine's CafeでのCD発売記念ライブを開催いたします。
新曲をぜひ生でお聞き下さい。

【速報!!】
10月10日(火)[ヒカシューの秋 2017 ~ ニューアルバム「あんぐり」発売記念ライブ ~]
出演:ヒカシュー
member:巻上公一[vo,theremin,cor],三田超人[g],坂出雅海[b],清水一登[kb,b-cl],佐藤正治[Ds]
会場:Star Pine's Cafe

開場:18:30
開演:19:30
前売り:3900円+1drink
当日:4300円+1drink
---------------------
問い合わせ:Star Pine's Cafe TEL:0422-23-2251
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1 URL:http://www.mandala.gr.jp
---------------------
チケット発売日:8月24日、スターパインズカフェでのヒカシューライブ終演後に先行発売
前売:SPC店頭販売 / SPCHP予約 / e+

SPC予約:https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636 (※8/25以降に予約可能となります)
ヒカシューファンクラブ会員様予約:http://www.hikashufan.com/liveyoyaku/ (※8/25以降に予約可能となります)
e+予約:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002231772P0030001(8月25日10:00~発売開始)
     
※入場整理番号は、(1)店頭販売 No.1~ (2)FC予約 (3)e+ No.101~(4) SPC HP予約順となります。

【2017年ヒカシューNEWアルバム「あんぐり」先行予約も受付中!

店頭販売価格3240円(税込)のところ3200円(税込)+送料サービスにて、予約を受付いたします!
さらに今なら予約特典オリジナルグッズ(数量限定!お申し込み先着順となります)もプレゼント!
【予約特典】
◆オリジナルグッズ付(数量限定!非売品 ※グッズの内容は現在未定です)
◆送料無料
◆先行送付
◆消費税少々サービス
※ご予約は、 ヒカシューライブ会場物販コーナー、又はメールにてご予約受付いたします!
※メールでのご予約方法 : official@hikashufan.com へ件名【あんぐり予約】とご記入の上、
お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスを明記し、お申し込み下さい。
ヒカシューファンクラブから順次ご予約確認メールを返信いたしますので、返信メールを受け取ってから10日以内にゆうちょ銀行へお振込ください。 
お振込先はメールにてお知らせさせていただきます。
※振込手数料はお客様にてご負担下さい。


【ヒカシューNEWアルバム「あんぐり」について 巻上公一・インタビュー】

5月、NYで2日間にわたって行われたヒカシューの新作アルバムレコーディング。
10月の発売に向けて、着々と制作が進行中です! 今回のアルバムについて 巻上公一さんにお聞きしました。
ーーー今回の作品はどのように作られましたか?
NYへ行く1ヶ月前くらいから準備を始めて、僕の送った詩にメンバーがそれぞれ曲をつけてくれて。前回より曲の出来上がるスピードは早かったですね。一晩で10曲くらいできる人もいるから。
ーーー何曲録音したのですか?
7曲です。ほんとはもっとあるんだけど7曲にしぼりました。作り始めるとどんどんできてしまって。メンバーがそれぞれ気に入った詩に曲をつけるので、同じ詩で何曲かできてしまうんです。重なった曲が余るので、そこにまた新しい詩を入れる。だから曲はいっぱいあります。
ーーー今回のアルバムのタイトルは?
『あんぐり』です。
ーーー「口をあんぐり」のあんぐりですか?
そう。雑誌ユリイカの要望で「あんぐり五首」(*注:ユリイカ2016年8月号)という短歌を書きました。ユリイカに頼まれる前に書いていたいくつかの詩を短歌にしたのですが、今回それをまた詩にしました。
ーーーゲストはどのような方が参加されましたか?
モリイクエさんは本当に一瞬で素晴らしい音を入れてくれました。あと、クリス・ピッツィオコスさん。若い時のジョン・ゾーン的な、非常にスラッシュなエッジのきいたスピード感あるサックスプレーヤーです。今年のJAZZ ARTせんがわに出演してもらうことになりました。あと、井上誠さん。音色やインプロで参加してくれていま す。
ーーーレコーディングはどのように進みましたか?
今回のレコーディングはほんとにスムーズでした。皆で一斉にぱっとやると瞬間的にもうできちゃう。レコーディング本番の演奏は、あまり細かいところにはこだわらない。少しミスしても、良ければいい。ヒカシューはヒカシューだっていう形ができているから。逆にヒカシューだからできる曲を皆持ってきてくれる。普通じゃできないような。三田さんが言うには、今回の作品はポップだねーと言ってますよ。まあ今回の作品は分かりやすい訳ではないけど、とらえやすい部分があるのかもしれないと思う。いつでも分かりにくいものをやっているイメージはないんだけど。
ーーージャケットは?
NY在住の近藤聡乃さんにお願いすることになりました。スタジオにも来てもらって音も聞いてもらいました。聡乃さんの絵は少女がよく登場して、柔らかくて残酷性をもった作品が多いのだけど、ヒカシューに置きかえて描いてくれるらしいです。
ーーー仕上がりを楽しみにしています!
(聞き手:ヒカシューファンクラブ)

※もっと詳しいインタビューは、ヒカシューファンクラブメルマガで配信中です。
http://www.hikashufan.com/

↑このページのトップへ