月別アーカイブ / 2016年04月

こどもの日に横浜エアジンで「ヒカシュー味」
深い味わい
軽やかな気分
珍奇三昧

お待ちしています。

5月5日(祝) 19:00 関内エアジン
ヒカシュー色
出演:
【マキガミサンタチ】
巻上公一 voice,laptop
坂出雅海 bass,laptop
三田超人 guitar, Sampler
【アルジャンスー】
巻上公一 voice,shakuhachi
佐藤正治 percussion
【黒やぎ白やぎ】
坂出雅海 bass
佐藤正治 voice,drums
【清水一登 solo】

 

ヒカシュー「水に流して」が日本コロンビアから発売されたのが1984年。
それから4年間、ライブはコンスタントに渋谷のEggmanを中心に活動していたものの
バブル景気の中にもかかわらず、なかなかアルバムを出せなかった。
春ごろ、CMのナレーションの録音で、麻布のスタジオに行った時、
入口で、小林克也さんに会った。
ライブをする中、新曲もだいぶたまっていたので、レコード会社を探していると
いうと、小林さんがやっているレーベルがクラウンにあるという。
たった5分程度の話で、話は決まり、レコーディングが決定した。
ただ、その後、小林さんはレコーディングに現れることも、他で会うこともほとんどなく
「人間の顔」は発売された。
現在、紅白レーベルを検索するとヒカシューしか出てこない。
レーベルとしては機能していなかったといっていい、つまり小林さんは名前だけ貸していたようなものだろう。
世はデジタルへの移行時期で、三菱のデジタルマルチレコーダーで録音したような気がする。
ミックスはスタジオが違ったせいで、わざわざソニーのマルチデジタルに変換して、トラックダウンした記憶がある。
バンドは、とってもいい時期で、かなりすばらしいものが残せたと自負している。
「鼻行類」や「クマムシ」をテーマにした楽曲、ヒカシューのクリスマス公演のもとになった
「天国を覗きたい」など、いまでも新鮮なテーマが詰まっている。

カセット、シングルCD、レコード盤、CD
すべてが出ているのは、「人間の顔」だけである。

メンバーは、巻上公一 海琳正道 井上誠 野本和浩 谷口勝


当時の帯

「人間の顔」はおもしろい。 

ヒカシューは、素晴らしい。その音楽は、凄まじい。 


ヒカシューは、水のように土のように 

音楽(ロック)を実現(パフォーム)する 

世界最高基準(スーパーハイレベル)の 

変幻自在(ナチュラル)バンドである 




ブリッジからのDSDマスタリングによる再発にあたって、谷川俊太郎さんにお言葉をいただいた。
ありがたいことこの上ない。
ヒカシューの再発
http://bridge.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=82706&sort=n





ヒカシュー「人間の顔」(EGDS055)
いろんな声が出てる、いろんな音がしてる、詩が活字を脱いでヌードになりたがってる、このCDには男の子もいれば婆さんもいるみたい、野原で聞いても路地で聞いても似合いそう、燃えないゴミになっても、ロケットで宇宙に飛んでいってもこのCD、しぶとくコトバとオンガクを発散してるんだろうな。

谷川俊太郎

1988年、小林克也の紅白レーベルより発表された「人間の顔」を再発!

12922107_1055121804577377_225239811_o

GW半ばの5/1(sun)は奇妙な日。


strangetage@ spazio rita
 voice,
  improvise,
  electric,
 strange!

●featuring:
巻上公一(ヒカシュー)solo
Kaseo
YAZROKETT
バーバパングリン

17:00 open / 17:30 start
前売 ¥3000 当日 ¥3500 (いずれも1ドリンク付)
(4/30伏見ビブリオマニアでの口琴&ホーメイワークショップ参加者は前売料金で入れます)

12961175_1055682874521270_5704047751395375793_o
 

『ヒカマニア!! 〜ヒカシューフェア in 名古屋伏見 Biblio Mania』
4月23日(土)〜5月14日(土)
営業時間:月水木金14:00〜21:00、土曜日13:00〜20:00
休業日:日曜、祝日

『巻上公一の口琴&ホーメイワークショップ』
ヒカシューリーダーの巻上公一さんがご来店! 口琴とホーメイのワークショップを開催!

受講料:3000円(口琴付き)
入れ替え制 各回10人限定

日時
4月30日(土)
1回目 13:00〜14:00
2回目 15:00〜16:00

会場 Biblio Mania
名古屋市中区錦2丁目13番24号先 伏見地下街
tel:052-253-5882
http://bibliomania-books.com/

ワークショップお申し込み方法
メールにてお申し込み下さい。
info@bibliomania-books.com

↑このページのトップへ