月別アーカイブ / 2010年03月

ヒカシューは、5月末から6月にかけてたくさんのライブをします。
生ヒカシュー 是非いらしてください。

5月28日(金)
ヒカシューLive! 2010ニコセロン@Star Pine's Cafe
http://www.mandala.gr.jp/spc.html
巻上公一(vo,theremin,cor), 三田超人(g,samper),
坂出雅海 (b), 清水一登(kb,b-cl), 佐藤正治(Ds)
18:00/19:00¥3600/¥4000+1drink 
ぴあ

5月30日(日)
ヒカシューLive! 2010ニコセロン@大阪NuThings
巻上公一(vo,theremin,cor), 三田超人(g,samper),
坂出雅海 (b), 清水一登(kb,b-cl), 佐藤正治(Ds)
http://nu-things.com/
nu things JAJOUKA 大阪市中央区西心斎橋2-18-18 TOPORO 51 - B1
問い合わせ 電話06-6211-8711
mail@nu-things.com
前売¥4,000+drink 当日¥4,500+drink

5月31日(月)
ヒカシューLive! 2010ニコセロン@名古屋得三
巻上公一(vo,theremin,cor), 三田超人(g,samper),坂出雅海 (b), 
清水一登(kb,b-cl), 佐藤正治(Ds)
18:30open 19:30start 前売¥3,600 当日¥4,000
チケット発売 P-コード:104-031
http://www.tokuzo.com/

6/18(金)北九州市・門司ブリックホール
ヒカシューLive! 2010
巻上公一(vo,theremin,cor), 三田超人(g,samper),坂出雅海 (b), 
清水一登(kb,b-cl), 佐藤正治(Ds)
http://brickhall.com/index.html
19時開場 20時開演
前売 3,000円 当日 3,500円(別途1ドリンクオーダー)
ぴあ P-コード 104-243 発売開始は4/1(木)から

6/19(土)熊本市・バトルステージ (「ぷよぷよ23」共演:podo)
http://www.battle-company.com/index2.html
前売 2,800円 当日 3,300円(別途1ドリンクオーダー)
ローソンチケット Lコード:89219
チケットぴあ   Pコード:597-390
発売開始は3/27(土)からです。

6/20(日)福岡市・SPACE TERRA
ヒカシューLive! 2010
巻上公一(vo,theremin,cor), 三田超人(g,samper),坂出雅海 (b), 
清水一登(kb,b-cl), 佐藤正治(Ds)
http://www.spaceterra.net/index.htm
18時開場 19時開演
前売 3,000円 当日 3,500円(別途1ドリンクオーダー)
ぴあ P-コード 104-243 発売開始は4/1(木)から

4月25日(日) 
場所 横浜エアジン
19:45 開演 親密なヒカシュー
横浜市中区住吉町5-60
http://www.airegin.jp/

4月25日は横浜で親密なヒカシューライブを堪能してください。
関内から馬車道のとこすぐです。

ここは、なにしろ至近距離。いつもと違うヒカシューが楽しめます。
40人くらいでいっぱいですので、予約是非いれてください。
045-641-9191

さて、3月29日から31日まで 青山円形で行われる「ヴォイスの挑戦」
その3日目は、巻上公一とおおたか静流による
歌謡の数々をおおくりする。
そして
その演奏を受け持つのは、実はヒカシューのメンバー。
三田超人(ギター)、清水一登(ピアノ、バスクラリネット)、坂出雅海(ベース)、佐藤正治(ドラムス)
それにアコーディオンの佐藤芳明と、チェロの四家卯大を加えた6人編成。

昨年リイシューされた「民族の祭典」「殺しのブルース」からはもちろん
昭和歌謡の名曲 目白押し。
みなさん、お誘い合わせの上お越しください。

声になにができるのか、その可能性にスポットをあてた3日間。
いままでにない驚異のフェスティバル
ソロヴォイスパフォーマンスにはじまり、アルタイの喉歌、超歌謡まで
豪華なキャストによるいのちの振動は強烈な経験!!

http://www.makigami.com/neo-voice.html

ヴォーカル界の宇宙人 巻上公一 が、七色ヴォイスの妖精 おおたか静流 を迎え、
久々に、心に響く超歌謡ショーを開催します!
巻上公一率いる、豪華なツーといえばカー仲間が、これだけ揃うことは、
めったに無いでしょう。歴史に残る一大事件です!
これを聴かないと、世界のヴォイスは語れません。
『おもろうて、やがて悲しき超歌謡』
青山で待ち伏せしています。 おおたか静流

↑このページのトップへ