月別アーカイブ / 2014年10月



昨日は風呂入ってゆっくりしたか寝たかメシ食ったかしかしてない(笑)


普通に休みました\(^-^)/





こんにちは樋口ッス
(ノ´∀`*)


まずこれを見ていただきたい(笑)








オシャレなカーディガンではありません。

縦に裂けた俺のTシャツです(笑)




打ち上げの時、ノリで破きました(;゜∇゜)


見事、仲間から爆笑をさらったのですが(笑)





うぉりゃぁぁぁぁι(`ロ´)ノ

ってね(笑)






バカだよね





朝帰ってきて

なにやってんだろってなる(笑)






まっそんなことはさておき


宵闇に咲く雨のちょい話でも




まず最初に山田朝右衛門&山田浅右衛門家は実際に歴史上存在した方々です。

首斬り浅右衛門など名がある人たちです。

ですが、名誉のためにお伝えします。
宵闇で登場した鬼定はあくまでフィクションで、実際の山田朝右衛門家は稼いだお金で斬った方々の供養をずっとしていたそうです。

そのお墓があるお寺は池袋に存在します。


自分も今回初めてその存在を知りましたが、なんとも言えない不思議な感覚になりました。

すごい家系だと。



今度、作品を作り上げた人間としてお墓参りに行こうと思っています。








次に、気になった方々もいらっしゃると思いますが村人が侍への話し方。

よく時代劇やドラマを見ると、村人や町民はお侍様~やヘコヘコしたりするイメージがありますが。

ある文献で時代によってはそんなことはないというものを見つけ、圧倒的に村人や町民が多くてあまり敬わない人も多かったそうな(笑)


実際に生きてたわけじゃないですからなんとも言えないですが、そんな村人を描いてみても面白いなと演出してみました。





そして今回の作品が第3弾の『君に降りそそぐ、天上の花』とリンクしている箇所が何ヵ所かあります。

ですが、今作品は今作品で楽しんでもらいたかったので無理のないよう演出しました。


知らないお客様も楽しんでもらいたいので



設定を完璧に説明してしまうとあぁじゃないか?こうじゃないか?って妄想出来なくなってしまうかなと。
でもフワッとしすぎたらワケわからんし、伝わらなかったらそれは演出力不足だと思っております。


なにより作品を長く、より楽しんでもらえたらなぁ~と思ったしだいでございます。




ひとつだけお伝えすると、龍源地紫乃介は

『君に降りそそぐ、天上の花』に登場する、氏龍の人間の頃のお話でございます。


りゅうげんじ しのすけ

しのすけ りゅうげんじ

し りゅう



とかけてありました。


宵闇~は君天花の百年ぐらい前のお話になりますかね?(笑)


君天花では龍神になっとるわけですが、猫が何百年も生きると妖怪になる的なあれです(笑)


ファンタジーですね(ノ´∀`*)




他にもたくさんありますが、それはDVD発売イベントが、もしあったらとボソッと言うかもしれません







こんだけ書いといてあれですが、舞台で見せたのが全てです。
演出として、まだまだ勉強不足かもしれませんが役者陣含めスタッフさんにやりたいこと全てやってもらっています。

面白かったら全て仲間のおかげ。

つまらなかったら自分の責任だと思っています。









でも本当に嬉しかったんです。


後半になるにつれてお客様が増えて当日券でも観たいと言ってくださいます方々がたくさんいて。



今回のカンパニーには本当に感謝しております。

誰一人かけずに終われた事、心より感謝しています。


応援してくださいました、たくさんの方々、本当にありがとうございました



また来年、個人個人が活動しまたお互い上手くなってGEKIIKE本公演で胸張って会えるように一歩一歩進んで行こうと思います




皆様、よろしくお願いいたします









とりあえず、休暇とります(笑)
\(゜ロ\)(/ロ゜)/







名前の通り、雨の多い舞台でした


いや2回台風きたか(笑)


正章が『紫乃介さんの奉納演舞のおかげかな?』って帰り道に笑いながら言ってた日々がもう懐かしいです(ノ´∀`*)



こんにちは樋口ッス
ヽ(・∀・)ノ






GEKIIKE本公演第五弾
『宵闇に咲く雨』

にたくさんのお客様に御来場いただき誠にありがとうございました

台風のせいで観に来れなかった方々も応援ありがとうございました




今回、主演&演出をやらせていただきました。

本当にたくさんの方々に支えてもらいやっと出来た作品です。

辛くなかったなんて言いません(笑)

大変でした(。´Д⊂)


たくさんの事に挑戦し思った通りに表現出来ない自分の未熟さに涙がたくさん出ました。



稽古中は怒鳴り散らすこともありました。


怒るの大ッ嫌いな自分が(;´_ゝ`)




良い作品……


いや、観てくださいました方々の笑顔がみたくて作ったんです。

それが叶えばそれでいいんです




物語はとても儚く悲しいお話かもしれませんが、強く強くかっこ良く生きている人たちの生きざまが描かれています。


脚本を書いてくださいました木村さんには、本当に感謝しています。


素敵な言葉たちを後はどう表現するかだけですからm(__)m













さてさて、

GEKIIKE初の大がかりな殺陣&アクション

おがちゃんとりょうたろうにたくさん指導していただき本当にハードだったけど、キャラにあったかっこいいものになりました


調子のって舞台セットも2階建てにし忍者屋敷みたいな舞台にしたいと二人に頼み、さらに舞台監督さんにも無茶苦茶言い(笑)


照明さんや音響さんにも2階せまいから機材をどかしてもらうという(;´_ゝ`)



プロの方々が本当に助けてくれて出来た舞台なので思い入れもたくさんあります。



今回、初の舞踊をお披露目いたしました(笑)

女形を今回やらせてもらい奉納演舞という形で舞ったわけですが……


あのですね


あの衣装……


上の打ち掛けだけで三キロぐらいありまして(笑)




踊るのに苦労しました(。´Д⊂)





今作品で樋口が一番苦労したモノです


林先生には本当に優しく指導していただき、感謝しております。未熟な弟子ではありますがこれからも精進していきたいと思います。






自分を誉めたい事があります。

小劇場で最後までうるさいぐらい声張り上げ、皆様の前で挨拶出来たこと



主演として少しは見栄張れたかなと(笑)


声も体もよくもったな











毎公演、裏でぱたっと倒れてましたが(笑)







でも皆様の観終わったぁぁぁぁって顔を拝見し



頑張るのは当たり前ですが、本当にこのカンパニーで頑張ってきてよかったと。





まだまだひよっこが多い団体ではございますが、客演さん含め応援していただけたら幸いです











たくさんのお手紙とプレゼントありがとうございます

たくさんの絵もいただき、なんか恥ずかしいですが本当に嬉しいです(ノ´∀`*)

お手紙も何枚も書いてくださいまして、愛ある言葉に紫乃介も喜んでおります








鬼定役の前内くんと本当に感謝感謝でございます演出では無理難題をガンガン言ったので、それを本当に表現してくださいました







修斗と
今回、かなりハードに言いました(笑)これから上にいく役者ですからねヽ(・∀・)ノ
頑張ってもらいました






真佐夫と

良い男だろ(笑)本当にこいつと芝居するのは楽しくてしょうがない
何年も何十年も一緒にバカやりたいね(笑)












開演前の紫乃介さん(笑)







『宵闇に咲く雨』



GEKIIKE本公演、御来場いただき誠にありがとうございました。これからも一年頑張っていきますので皆様、応援よろしくお願いいたします





龍源地紫乃介 役

   樋口夢祈



ついにきましたか……


今回は本当に苦労しました(笑)


毎年かッ(笑)




一年に一度の本公演






普段は役者個人個人が活動し、活躍している。


お互い、一年のやってきた実力を出し合う


なんて心地よい瞬間なんだろうね









おはようございます樋口ッス
(*・∀・*)





今回はメイキングをたっぷり撮りました

DVDを予約した方はお楽しみに




さてさて





龍源地紫乃介


最後の舞です


どうかあなたの悲しい涙が優しい雨で洗い流されますように……








GEKIIKE ゴー!!


↑このページのトップへ