月別アーカイブ / 2014年01月



空は晴れてます



自分の心も割りと清々しくあります







こんにちは樋口ッス
(ノ´∀`*)









久しぶりにご飯を作っています(*・∀・*)ノ


これは麻婆丼


やっぱり家で食べるご飯が一番やな





今日は

のほほんとしたブログやから(笑)










この前、後輩たちのワークショップに講師として参加(笑)

まっ俺、厳しいですよ(笑)


芸事をタダで習えると思ってもらっちゃー困りますからね



コテンパンです。





上手くなりたいならやるしかないよね







この前、TVで百獣の王が言ってましたが


スポーツの練習をしてもダメだ

自分の体を想像通りに動かせる練習をしなきゃ




おぉ((((;゜Д゜)))

なるほどって思いましたよ


前から、自分の持論でもありましたが改めてやる気が出た感じです


役者だもんなんでも出来なきゃね







あれ?のほほんじゃない?


 



じゃあ親バカへ



 











丸々、大福ちゃんです

可愛い娘じゃ(笑)







寝てる所を盗撮(笑)

そりゃ顔見えてたら撮るやろが






あぁ癒されるぅぅぅ







そげな日々を送っています(ノ´∀`*)








皆様はいかがお過ごしですか?





あっスタービートWebショップが更新されました

どうぞ、ご覧ください(*´∀`)




それでは(*゜ー゜)ゞ







今の撮影が語れないので、




今年一発目の素晴らしい作品になった




エムキチビート『黎明浪漫譚-れいめいロマンティック-』


のお話を(*・∀・*)ノ






こんばんは樋口ッス
(*´∀`)





観た方は、本当にたくさんの事を感じてくださったと思いますが

演劇っという作品ですので、好みはあると思います。


最近、世の中の舞台の傾向が映像よりになってきた気がしています。


ナチュラルに動いて、小さい声でしゃべる



ん~



嫌いじゃないが、ライブだからなぁ




派手にいきたいじゃん(笑)



まっそれは本人のさじ加減だし力量の問題もあるけど



そういう所も上手くなりたいなぁ




ってかなんの話だっけ?(笑)






そうそう演劇なんよ


全力ですわ体力の限り頑張ります



ってのが好き(笑)






そんながむしゃらな時代の演出がやれたので幸せだった


まぁ俺の役はそうでもないけど(;´_ゝ`)







睦城は幽霊だったの?それとも明の幻想?


という話をされましたが



どちらでもかまわないと思います。



むしろ、観てくださいました御客様が


素敵な解釈を出来るように


いろんなニュアンスを残しておきました




笑い方も話し方も


どちらも両親に似るようにしたり、


後半、しゃべり方や仕草が少し若くなっていったり


さらに衣装で言えば


夢の配管工たちと靴が一緒だったの皆様、気が付きましたか?(*´∀`)






黎明~のメンバーは一人一人がたくさんの事を考えてやっていました



全部が伝わる必要はなくて、なんとなく雰囲気で良いなぁ~と伝わればいいんだと思います





人それぞれ生き方が違います


生き方違えば、考え方も違います


ならば自由な解釈を




まっすごい的外れな芝居をするつもりはないですけどね

















キャスト違いの集合写真

この現場は不思議で本当に改めて役者として慢心しない媚びないってことを学んだ気がします。


もっと我を強くしていきます



負けねぇ(笑)








睦城に逢えて本当に幸せでした




睦城の愛が観てくださった皆様の近くにも溢れてるんだよと願いを込めて




どうか大切な人とお過ごしください





応援してくださいました、たくさんの方々


本当にありがとうございました



また舞台上から何かを伝えられるよう、精進していきます(*・∀・*)ノ





熱っぽい……



大して今回は動いてないのだが、




心を


魂を


睦城を抱き締めた結果であろう。








おはようございます樋口ッス
(*´∀`)





昨年からの怒濤の公演でずっと体調が悪かったのだが、舞台に立てる喜びだけで頑張ってきた気がします





エムキチビート『黎明浪漫譚』

に出演出来て本当に幸せでした



だってあんなに同年代で、みんな団体持ってて役者って人たちしかいない現場に、役者として呼ばれたんだもん



これは本当に幸せでした





スタッフさんもすごい人たちだし、役者も粒揃いだし、そして御客様も。



恵まれた時を過ごしました






今回、演じさせていただいた



彼誰 睦城(かわだれ むつき)は本当に素敵な人で

脚本・演出の元吉さんには感謝でいっぱいです





弟の明の辛い時に必ず現れる大事な存在。



最初は兄弟として似せていこうと思っていましたが


両親に寄せていくことを考えて稽古していました。




カイリの笑顔、ソラオの雰囲気




親子が共有した時間が


欲しかったんです。






でも舞台の最初から似ているわけではなく


シーンが後半になるにつれて、明がお父さんに近付いていくたびに

似ていくように


兄として導けるように




寂しさも悲しさも苦しさも



愛しさも優しさも



笑顔に全部込めて





観てくださいました御客様が、大切な人を少しでも大切に出来るように祈りを込めて。









誰もが人生を持っている。誰もがドラマを持っています。

 


どうか今からでも遅くないから、何かを伝えてください。



本当にたくさんのご来場、誠にありがとうございました










家族写真

素敵や(*・∀・*)

















たくさんのお手紙にプレゼント、ありがとうございました


本当に感謝の言葉しか出てきません


ありがとうございました









ちょっと精神的に疲れてきていましたが、ゆっくり出来ないようです(笑)


今年は試練の年になります



役者として階段一歩上がれるようにやるのみだ




舞台上から感謝の気持ちを送ります


応援、これからもよろしくお願いいたします






明日からまたお仕事、頑張ります


↑このページのトップへ