月別アーカイブ / 2010年05月

青年協力隊のジュンくん(2年期間の現在14カ月目勤務中)
と1年ぶりに再会した。


去年ケニアで会った以来で「またすぐ来るわ~」って言ったものの。。


去年下半期はビーナスフォートでの際事や海外出張(インド・インドネシア・中国)が重なり。。

なかなか来れず、1年も経ってしまった。



久々の再会。 



そして・・・  驚いた。。




1年前、

ジュンくんはまだケニアに慣れてなくて、

勤務地は周りに日本人は1人もいなくて。
常にケニア人と一緒。。

お風呂は水しか出ません。 


そんな未知な土地で始まる2年間に不安がり・・・



「帰りたいよ~(涙)」  の連発。 (笑)



そして1年後の今、


そんなジュンくんは・・・



すっごくたくましくなっていました。



びっくりしたぁ。。



英語もペラペラだしスワヒリ語もスラスラ。

ケニア人への対応とか情報とか何から何まで。。

これぞMRケニアン・ジャパニーズっ!

っていうぐらい。



本当にびっくり。



あぁ。。1年で人ってこんなに変わるんだなぁって。




改めて人を取り囲む環境は人を変えるんだなぁって思いました。



その人を決めつける説明書なんてどこにもないんだぁって。

みんな無限大なんだぁって。




そしてジュンくんの努力あったからこそだよね。




日々、HIV撲滅を目指して任地で活動に励むジュンくん。

めっちゃ応援してる。



これからもお互いケニア・アフリカの為に頑張ろうね。



そして腕が床に刺さって腕が抜けない
ティ―バッグエルのモノマネをして
腹の底からまた笑わせてほしい。



ワールドカップ3週間切ったアフリカではWカップの盛り上がりヒーットアップ。


ケニアの盛り上がりは・・・・



ヒデとマサイマーケットのブログ



どうなんだろう(笑)



今週はカンガを買い付けにモンバサに来ています。
ナイロビから夜行バスで8時間、ナイロビは年中住みやすい涼しい気候ですが、
モンバサはびっくりするくらい蒸し暑い。 



じっとしてると汗だくになるぐらい。




寒いより暑い方が好きだけどこの蒸し暑さはすごい・・



カンガとは東アフリカで女性に人気の布です。



カンガ→$ヒデとマサイマーケットのブログ


東アフリカの女性は生まれた時に母親からカンガで身を包まれ、死ぬ時も棺の中でカンガに包まれ送られると言われています。


正に東アフリカの女性の人生を飾るカンガ。

1枚1枚にスワヒリ語でことわざが書かれているのも魅力的です。


今のところ70種類のカンガを買い付けれました。
どの柄も綺麗でアフリカンな原色の色がオシャレです。

店頭での入荷は6月下旬になると思います。



また、来月嶋村がタイへ買い付けに行くのでタイパンツやサルエルパンツに
カンガを取り入れたオリジナル製品を作れないか相談してみようと思います。


実現すればAFRICA × THAI のコラボ☆ 


ワクワク。。


できる事からコツコツ初めていかなくちゃ。。



お客様からリクエストの多かったキテンゲも少し仕入れました。
アフリカ好きの皆さま、どうぞお楽しみに☆

アフリカのモノで「これ欲しい」っていうリクエストがあったらコメントに載せて下さいネ。
できる限る頑張ってさがしますので。


今夜夜行バスでナイロビへ戻ります。



週末は本場MAASAI MARKETへオーダーしている商品を受け取りに行きます。




来週は世界で1番好きな場所、マサイマラへ。


動物と大自然の王国です☆



あぁ、久々のマラ



楽しみだ。







$ヒデとマサイマーケットのブログ

日本を出発してから1週間が経った。
国内に居ると1週間があっという間に過ぎ去ってしまうような感覚があるけど、
こっちでの時間はゆっくり過ぎていく。 それで居て濃い。


「アフリカは精神と時の部屋だよ~」※ドラゴンボール参照
ってよく言ってたけど改めて本当そうだって思う。


1週間が3週間ぐらいに感じる。
出会い・発見1つ1つがものすご~く濃い。

短期間でこうなら長期間は良いことも嫌な事も含めてすっごい濃いだろうなって思う。


ケニアに来る度青年海外協力隊の方々に会い、よく「大変ですね~」
 「すごいですね~」って言われるけど、2年間1度も日本に帰らず現地で人々の為に働く
皆さんの忍耐力や精神力には負けますよ~って頭が上がらない。
想像できないくらい濃い時間を過ごしているんだろーなぁ。



さて、今のところ充実した日々を過ごしているけど、滞在期間も2週間を切ったのでJAMAAにとって
実りのある時間になるよう改めて気を引き締めよう。

先日、久々の本場MAASAI MARKETへ行った。

ケニアでは民芸品や手作りアクセサリーが並ぶ市場が定期的にあって、
おもしろいモノや可愛いアクセサリーが沢山売られている。
そこでの出会いやケニア人とのやりとりが大好きでお気に入りの場所。

下北沢・原宿店の「MAASAI MARKET」もその名にちなんで決めたんです。


今回物価が高騰している分、買い付けも値上げされちゃうんだろうな。。って
半分あきらめて行ってみたんだけど市場のおばちゃんやおじさんがオレのコト覚えてくれてて
いつもと変わらない価格で売ってくれた。


日本じゃ顔なじみに売る値段を変えないって当たり前の事かもしれないけど、物価が高騰して苦しい時に「kuwasababu wewe」(あなただから) って今までと同じ価格で売ってくれたのがすっごい嬉しくて。。


 
「あぁ信頼してくれているんだ」

「これからも沢山オーダーできるように頑張ろう」って

ますますケニア人が好きになりました。
 



嬉しかったなぁ。




$ヒデとマサイマーケットのブログ


写真中央の女性はジョイス


かれこれ4年我らマサイマーケットの商品を作ってくれているケニア人の1人です。



新しいデザインの「幸せネックレス」「マサイキーホルダー」など今回もオーダーする事ができました。ジョイスの友人(写真右)の女性にはサイザルバッグ・同じく友人のキジャーナ(写真左)にはピアスをオーダーしました。 



ケニア人は本当仕事をする事に生きがいを持っていて、すっごい一生懸命働いてくれる、愛情とプライドを持って。 それが仕事をお願いする側としても嬉しいんです。 すっごい尊敬できる。



でも、お店を始めてから1つでも良いモノをお客さんへ届けたいって思って
彼らにリクエストをする事も多かったです。




「アフリカの商品って手作りな分、1つ1つの質だったり色が様々な時があって。。、
「1点モノだからそれが良さ」って思う人も居ればそうじゃない人も必ずいる。」




4年付き合い続けていく中でそんな話や、ダメ出しを何度もして。。、
かなり口うるさかったと思うし、嫌われたっておかしくなかったって思う。
だって彼女らの作り方を否定したわけだから。。



でも理解してくれて、その課題をしっかり克服しながら仕事に励んでくれる。




「作ってくれた商品をオレらが日本でお客さんへ届けて、無くなったら必要とするお客さんの為に
またオーダーをする。」




そんな商売の基本がようやく彼らと作れた。





あぁ・・・



あぁ嬉しい。。






財産だと思うし、これからも開拓していきたい。





ジョイスの笑顔ってめちゃ明るくて、その笑顔見ると元気になる。

太陽みたいな人 ってこういう人の事を言うんだろうなぁ。



↑このページのトップへ