8月27日

落合陽一×日本フィル Vol. 3 第2夜
『交錯する音楽会』を体験してきました。

映像の表現がメインだった『耳で聴かない音楽会』に比べて、オーケストラと映像が同等な立場で存在している会。
映像も楽器と同じく指揮者に合わせてライブで動かしているので、オーケストラと同じく生き物のように感じました。

曲として既に完成された音楽に映像を足す際に、どのような役目を与えて、何を表させるのが良い形になるのか気になっていたのですが、一つの答えを見ることができたようで、感動しました。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4617.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4615.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4616.JPG