中学一年生の起業家、加藤路瑛さんが
『 TANQ-JOB 』にて僕を紹介してくださいました。
ぜひご一読ください!


音楽家を目指し12歳でウィーンへ留学した児島響さんにインタビュー
今日は、オーストリアの首都ウィーンに留学している17歳のピアニスト・作曲家の児島響さんを紹介します。 僕(加藤路瑛)と響さんは、響さんがgoogleでピアノリサイタルを開いた時に招待してもらい会うことができました。 まず、名刺交換。12歳と17歳で名刺交換していたので、なぜか色々な人に写真を撮られました(笑)年齢に関係なく名刺交換する時代になると思います! 12歳で世界に飛び出した児島響さん 響さんは6歳からピアノを初めて、小学5年生の時に国際ピアノコンクールで1位になり、プロの音楽家を目指して12歳でオーストリアのウィーンに留学します。僕と同じ歳でもう海外に行こうと思ったのはすごいです。 16歳の時に飛び級してウィーン私立音楽芸術大学作曲科に入学されました。16歳で大学生とは、本当に実力があるのだと思います。 写真:響さんブログより 写真:響さんブログより ブログ: Twitter: Facebook: YOUTUBE: 児島響さんにインタビュー 12歳で海外に行こうと思ったきっかけは何ですか? 僕は小学一年生の時からピアニストになりたいと思っていました。そのためにはモーツァルトやベートーヴェンなどの大作曲家たちが住んでいたヨーロッパで生活し、学びたかったので、その願いが小学六年生の頃に叶ったという感じです。 親は反対しなかったのですか? 親は反対しなかったですね。むしろ家族みんなでワクワクしていました。 日本で挑戦することと、海外で挑戦することの違いは何ですか? 僕は昔から世界で活躍する音楽家になりたいと思っていたので、日本の外に出ることは僕にとって必然であり必要不可欠でした。 海外で大学に行っているのに、日本でゼロ高等学院に入学されましたよね?どうしてですか? 僕がゼロ高等学院に入学した理由は主に二つあります。
tanq-job.com